2014/06/14

尾名手川下部

6月14日(土)
東京に戻ってきてすぐにまた沢へw
今回は尾名手川というマイナーな沢へ。
水量の多い沢で、私は大満足w
同行メンバーも初めて泳いで突破とか
滝に負けずにグイグイ行くとか、
そういうことを経験してもらえたかな~。(^^)
時間切れで大滝沢へ入らずに800m地点から山道で下山。
(ヤマレコにも記録あり)

スポンサーサイト
2014/06/09

七種山

6月9日(月)
親と一緒に兵庫県福崎町にある七種山(なぐさやま)へ。
滝が有名だから見に行きたいとのことで、私も沢的に興味があって半日ハイキングのお供へ。
兵庫百名山らしいですが、鎖場ならぬトラロープ場がいくつも出てきます。
足元滑りやすいのであんまり一般的とは言い難いですが、
かなり岩イワした感じの山でミニ妙義的な感じなので、縦走路とかは楽しそうでしたw 
(ちなみに沢的には水量が少なく、ぬめった逆層の直滝ばかりでNGでしたw)

七種山
2014/06/08

明王谷から白滝谷下部

6月8日(日)
関西の実家に帰省中に、関西山仲間と念願の沢登りに行って来ました。

選んだ沢は裏比良の白滝谷という初心者向けの沢。
土地勘がないので色々ネットで調べていると、
白滝谷だけ短いので、手前の明王谷本谷からつなげると面白いとのこと。
そこで、明王谷本谷から入渓して繋げることにしました。

結果として、明王谷が核心www
明王谷は三ノ滝を登ると上級レベルでした。滝汗
元山岳会のY君が居なかったら三ノ滝直登は無理で、
手前に戻ればちゃんとした巻道があったらしいんですが、
見落としてしまい、何が何でも登らんと!という気になってしまいました。(^_^;)
いやぁ、まじめに痺れました。。。同行の皆様ごめんなさい。(^_^;)

全員その後は放心状態w 
本来のメインディッシュであるはずの白滝谷に入ってからは、
まったりムードが漂いまくりw 
途中で遡行を打ち切って帰りました。

今回のメンバーは気心も知れていて能力もわかっていたので安心でしたが、
ソールが剥がれたのにリードしてくれたY君、
初沢なのに抜群の運動神経でフリーで登ってくれたhさん、
怖いだろうにパニックを起こさず最後まで登り切ったmさん、
改めて有難うございました。めっちゃ怖面白楽しかったですw 
これに懲りずにまた行きましょうw



※明王谷、三ノ滝のリッジには一応中間支点が入ってますが、信用できません。
終了点の確認はしていませんが、ロープは50mあれば、滝上の立木を支点に出来ます。
(途中でピッチを切れないのでロープは必ず50mのご用意を。)
2014/06/01

大若沢

6月1日(日)
久しぶりに師匠と沢に行って来ました。
と言っても師匠、激務でお疲れとのことで、
癒し系の短い沢がご希望で、秩父の大若沢へ。
やはり大雪の被害はかなり酷かったです。
釜も半分埋まってたし、遊歩道は上半分アウト。
お約束のカーシーも居ましたw
久しぶりに師匠と歩いて色々勉強になりました。
水温は11℃台でしたが、今回も泳いでみました。
さすがに雪解け水は冷たかったです。(^_^;)
そのあとの気温35℃の秩父市内ノロノロ運転が
実は一番の核心だったりしました。Orz

御一緒していただいたS師匠有難うございました。

大若沢1
大若沢2