2013/04/14

花の武甲周遊(武甲山~小持山~大持山)

西武線住民なので、西武線で行ける山は行きまくってきました。
だけど1つだけ、まだ登ったことのない山がありました。
それは武甲山。

標高1000m超えの立派な山なのだけど、石灰岩がとれるので、
セメント採掘の山として、山の半分が採掘されている。
表から見ると、その採掘面が痛々しい上、たくさんセメント工場があって
常にセメントを積んだ大型トレーラーが国道を行き来しているため、
その横を通ってまで登りたいと思わなかったのですね。
だけどいつか登るって思ってました。

そしてついに今回、チャンスが到来しました。
西武線沿線なので本当は電車で行きたいところだけど、
車道を1時間40分も歩く気力がなく、車で行きました。

登山口の神社から登り始めて、
なんてことない、普通の杉の山という感じで、
ちょうど2時間後に山頂に到着してました。
登ってるときの感じは日向大谷からの両神山に似てたかな。

山頂で記念撮影をしてちょっと休憩してオニギリをmgmgしてたら、
私が山頂標識に置き忘れた「おのくん」を届けてくれた人がいました。
さっきシャッターを押してくれた中学生男子。本当にありがとう!!

武甲山2

そこからシラジクボ経由小持山へ。
小持山から大持山へ。
なんだかんだ楽しいアップダウンの縦走路。
大持山で昼食休憩。

武甲山3

そして妻坂峠から駐車場まで一気に下ります。
この妻坂峠経由の下り、滑りやすく降りづらいのだけど、
お花がたくさんあってとっても楽しく超盛り上がりました。

武甲山4
左上から時計回りに
キブシ、コバイケイ草 シロドウダン カタクリ

武甲山5
ウスタビ蛾のサナギ、コガネネコノメ草、ニリン草、アブラチャン

武甲山6
ハシリドコロ、ツルシロカネ草、イワボタン、タチツボスミレ

武甲山7
黄ケマン草、紫ケマン草、ミツバコンロン草、ヒトリシズカ


7時44分出発、14時7分帰着。
累積標高差1170m、水平移動距離10km
なかなか楽しめる6時間のハイキングコースでした。

(日曜日はセメント工場がほぼお休みに近いので、
割合に静かな山を楽しめます。)

ご一緒していただいたtちゃん、ありがとう♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。