2013/02/17

刈田岳

2月17日(日)

aae66c43-cd05-4aa3-b1c6-a2e164b4e70bwallpaper.jpg

前日夜の予想天気図ではイケそうだったので、
この日は単独で行動することに。
yちゃんちをおいとまして、ライザワールド(スキー場)へ。

ライザに到着し、トイレ行ったり支度したりして出発はは10時半すぎ。(^_^;)

天気図は本州上空に移動性高気圧が覆ってくる予想だったけど、
上空高いところに居座った猛烈な寒気と
依然強い冬型が残ってる北海道あたりの影響で、
雪雲がひっきりなしに襲来してました。

リフト2本乗りついで、降りたところでBCの支度。
今日はテレです。

今日はGPSがない(故障してるから置いてきた)のでコンパスナビで。
最初のうちはトレースがあったのでトレースを頼りに行きます。
トレース以外に、道をマークする棒がささってるので、
晴天時はこれに頼っていけると思います。

IMG_20130219_000231.jpg

リフト線沿いに登って、稜線へ。
すでにホワイトアウトしてるので、過去に来た時の記憶が非常に役立ちました。
歩いてると、突然右にドーンと言う感じで建物が見えてびびりましたが、
その大きさからして、これって刈田岳のレストハウスとちゃう???
と思いながら歩いてると、ふと前が見えるようになり、
思ったよりもずっと近くに、鳥居と御本殿が見えました。

やったぁ。あれが刈田岳だぁ♪

思ったよりもずっと早くに刈田岳到着。
しかし風が強く天気は悪いので売店の陰に避難。
地図とにらめっこしてたら、突然、青空が!
慌ててパチリ!
ちょっとだけお釜も見えた感じ。

シールを剥がして稜線まで滑り降りましたが、
その先がホワイトアウトで3Dがうまく認識できずこけまくり。(^_^;)
しかもツルツルで実に滑りにくい。(^_^;)

稜線から下に入ったところでいよいよホワイトアウトが激しくなり、
道標の棒は1本も見えず、完全にコンパスナビに頼る状態となりました。
そして足元が植生の上のシュカブラ等でボコボコ+ツルツルなので
到底まっとうに滑ることはできません。。。
というわけで、リフト線のところまで辿りついた段階で、またシールを装着。(^_^;)
なるほど、下って来た人でシールつけてた人がいたのはそのせいか。

ずっと風速15m位の風に吹かれて(気温マイナス10度位(^_^;))
体が冷えきって寒冷アレルギーが出てきたため、
リフト線の下にあるリフトの機械小屋に突入。
小屋の中は無風で、暖かく感じる位でした。

そのあとは一直線にゲレンデトップまで。
14時9分、ようやくゲレンデトップ到着。
ようやくシールを外し、かっこよくテレマークターンを決めてボトムまで。
といいたい所ですが、残念ながら昨日の筋肉痛でそれどころではないwww
アルペンターンも交えつつよろよろと降りてきて、なんとか生還。(^_^;)

このスキー場はスキー場の近くに温泉がないのがネック。
結局入りそびれたまま都内に戻り、帰宅してから熱いお風呂に入ったのですが、
あれ位冷えちゃうと、やはりその場で解凍した方が良さそうです、
その後しばらく風邪気味で、10日位は寒冷鼻炎が治らず難儀しました。

天気が良ければ熊野岳とかも思ってましたがそう簡単ではありませんでしたw
でも今回は完全コンパス頼りのホワイトアウトナビが実践できてちょっと嬉しかった。

この蔵王連峰、何度来てもなかなか味わい深いものがあります。
東北や北海道の山は標高+1000mと言いますが、ほんとにそんな感じ。
1700mの山だと舐めてたら即死するなぁと思った次第です。
また来年も別ルートからチャレンジしに来たいです。
楽しかった。ありがとう♪
スポンサーサイト
2013/02/16

蔵王

東松島再訪のあと、蔵王へ。
毎年恒例になりつつある予感です。

b090c99c-9728-4cba-8c1c-37c301fbb9f8wallpaper.jpg


2月16日(土)
前夜入りして車中泊していましたが、朝5時位から除雪車の音で起こされる。
そのあと7時前に移動を促され、結局、その後は一睡もできず。

8時30分すぎに、ボラメンの、yちゃん、nちゃん、k君がやってきた。
合流して、ロープウェイで上へ。
今日は酷い天気です。(^_^;)
ので、パラダイスあたりでパウパウにうまりながらお茶を濁す。
て、実は私はこの日数年ぶりにテレマークを練習しました。

その後百万人とか黒姫とかを滑って12時すぎに黒姫でごはん。
石焼クッパなる謎のものを食べたw(中身はクッパ+ビビンバw)
すごい混んでたので、早めに行けてよかった。

午後は地蔵に行った後、黒姫で練習するも、
だんだん久々のテレマークによる筋肉疲労が。(^_^;)
16時に駐車場待ち合わせってことだったけれど、途中1度休憩をはさみ、
私は少し早めに上がったのでした。

蔵王名物たまこんを食べたのち、お風呂へ行こうとするも、どこも満杯で、
新しくできたちょい離れた場所にある、うわの温泉 天神乃湯へ。
新しくてきれいで満足。
温泉の中でもたまこんが売ってたのでまた食べてしまったw

それから買いだしを経て、yちゃんちへ。
4人なのでしっぽりと鍋。結構ディープで楽しかった。
こたつに足を突っ込んでおやすみなさい♪
2013/02/03

JAN SC (武尊)(2)

朝6時起床でご飯を食べて支度して7時50分頃宿を出発。
朝風呂に入ってきたツワモノも1人いましたw

8時15分リフ兼売り場で待ち合わせ後、打ち合わせ。
今朝は朝から強風が吹き荒れていて、
リフトが1番下しか動いてないらしい。(^_^;)
とりあえずリフトに乗ってみると、ラッキーなことに、2本目も動いてた。
そこで2本目にも乗る。
しかしやっぱり3本目は動いてなかった。
ということで、そこからハイクアップ。

ものすごい風でボード背負ってる人間は凧みたいに飛ばされそうに。
といっても風速15m程度だから山ではmoderateだそう。
たしかに、板背負ってなければ平気なレベル。

リフトトップまで行かずに途中からBCに分け入る。
しばらくリフト線下をハイクアップしたのち、右の斜面へ。
良さげな斜面が出てきたので、そこで全員荷物を下ろす。

昨日の行動班の2班に分かれて
(経験者チームと初心者チームの2つに分けてある)
それぞれに2人ずつ講師がつき、各チームでピットを掘る。
(私は経験者チームに入ってしまったので友人達とは離れてしまった。)

まずは講師によるデモを見学。
次に、2班にわけてそれぞれピットを掘る。
(私のグループは4名で1つのピットを掘った)
せっかくなので、ピットを掘る時に、遭難者を掘りだすのと同じく、
V字フォーメーションで掘り出す。
なるほどこれは合理的。
ピットの整形の仕方など、細かい職人芸等については、
細かく講師が横から指導してくれる。

講師陣、せっかくだからとRBテストまでやってくれたけど、
今回積雪安定性が実によくて崩れなかったw

天気は風が止んで快晴へ。

ここまでは2チームとも隣どうしで作業を行っていたが、
ここからは別行動。
S君たちのチームは登り返してどっかに滑りに行ってしまった。

我々のチームは登り返しなしでそこから滑り降りることに。
左斜め下に見える気持ち良さそうな斜面まで行き、
ここからパウダーランを楽しんで下さい、と言われた。
ひゃっはぁ~ヽ(^o^)丿と思ってたら、
講師がいきなり「雪崩だー!ヽ(`Д´)ノウワァァァン」と叫んだ。
ほんとの雪崩かと思ってびっくりして振り返ったら雪崩なんてない。
だけど講師の顔がマジだったので、しばらくして、
なるほどこれはシナリオなのか、と知る。
(鈍い私はそのことを悟るのにかなり時間がかかった。(^_^;))

ようするに、楽しく滑走中に、近くで雪崩が起き、
他パーティが巻き込まれたところに遭遇、
したというシナリオらしい。

そこから急遽今まで習ったことをフル動員させてチームで捜索を行うことに。
うちのグループは7名居るわけで、まずリーダーを決める。
リーダーが総合的に判断して色々指示を出す。
そしてリーダーの指示に従って他メンバーは行動する。。。
のだけど、やっぱ、リーダー選びは難しいね。(^_^;)

シナリオ上ではパーティは5人で4人埋まって残った1人からヒアリング。
その人の見た消失点から下を滑走具をつけて捜索。
ビーコンを全員がつけてるかどうか不明とのことなので、
細かく残留物のチェックもしながら降りていくと、最初にビーコンなしの埋没者発見。
(残留物が雪面に出てたため容易に発見できた)
ただし、残る3人もビーコンがあるかどうかわからないので、
引き続き残留物のチェックをしながら電波をとりにいく。
上で2名発見された由。

しかしその後、電波完全にロスト。
下にいる人達はビーコンが無反応になりどうしていいかわからなくなる。
上にいる人達はたまにビーコンに50mとか入るらしいけど電波がすぐロストするらしい。
とりあえず上に登っていくしかないということで、上に登り返すが、
これが35度位の斜面なので、ツボアシで登り返すの超キツイ。。。
上の人達がなんとか電波を探し当て、ものすごく上まで登って最後の1人を発見。

この時点で25分経過。。。生きてるかどうか微妙。。。

結局、その最後の1人は消失点よりずっと上にいたわけです。
消失点(目撃者が言う)を鵜呑みにしたのがバカだった。
7人もいるパーティで捜索したのだから、
1人ぐらいは一番上からビーコンサーチかけながら降りればよかった。
というのが最大の反省点。

あとは、、、ビーコンなしで雪山に入んなヽ(`Д´)ノウワァァァン

てな感じですかね。
(個人的に反省点とかメモとか大量にあるのですが、ここでは省略します)


捜索完了後はガリガリのオフピステからツルツルのゲレンデへ。(^_^;)
今日一番疲れたのがゲレンデとわwww

センターハウスでチーム別に反省会の後、
またセミナーハウスに戻って、最後の座学。
最後のテストが出されました。(何回もテストありますw)
最後のテスト、なかなか良かったなぁ。
希望が持てました。

で、お別れの時間。
ミッチーと2ショットして、皆さんにご挨拶して、温泉へ。
(昨日ミッチーとビーコントレしてたらタカさん思いだして泣いてしまった。
他にも冒険小屋のお客さん2人来てて嬉しかった。)

花咲の日帰り温泉、混んでたけどなかなか良かった。
そこでご飯を食べて帰りました。
せいろむしセットなかなかおいしかったです。

大変濃い内容の講義と、大変シアワセな布団生活
(このメンバーで布団で寝るの初めてw)で
大変楽しく充実した週末となりました。
ご一緒していただいたお二人、講師の皆様、
グループで一緒になった方々に感謝いたします。

9cbbb626-b9b4-4bc8-813e-3985df595d6cwallpaper.jpg
2013/02/02

JAN SC (武尊)(1)

2月2日(土)~3日(日)

JAN(日本雪崩ネットワーク)のセイフティキャンプ
(BC中に雪崩に遭わないようにするためのスキルを学ぶ1泊2日の有料講習会)
に参加してきました。

メンバーはS君、Eちゃん、私の3名で、
全体の講習参加者は14名でした。

講師はメインが五月女さん(Level2)。
サブが冒険小屋のミッチーと、”山道具屋引退オヤジ”、
”ただのサラリーマン”の3名(3名ともLevel1)。
会場は片品村花咲。(武尊界隈)

2日の朝、始発で集合し、会場へ。
自己紹介の後、午前中は座学です。

五月女さんはさすが講師歴が長いだけあって話がわかりやすい。
明快な調子で進みます。
質問も結構活発でいい感じ。
14名中の内訳は女性が4名、残りは男性で、
年齢的には、30代が3割、40代が6割、50代が1割て感じ。
意外に年齢層が高かったです。

昼食(持参)のあと、建物の外側にある畑を借りてビーコントレ。
これはずいぶん簡単な初級者バージョンで、生ぬるかった。

その後、また室内に戻り、19時まで座学の続き。
個人的には凸地形の下のサポート地形について学べたのが非常に大きかった。

前日の睡眠不足もあり、かわりばんこにコックリしながら(笑)
なんとか19時の座学終了まで頑張り抜いて、1日目終了。

会場をあとにし、コンビニでお酒とおでん(おまけしてくれた♪)を調達し、
すぐそばにある民宿に向かいます。

宿は温泉民宿で、素泊まり4500円。
畳もきれいな8畳にこたつがドーン!
さらに石油ファンヒーターがあって、非常に暖かい。
布団もふわふわだし羽根布団だし言うことなし。

とりあえず乾杯しておでんを食べて、
それからおもむろに温泉(源泉かけ流し)へ。
戻って来て宴会続き。

とはいうものの皆睡眠不足なので、すぐに寝ることに。
22時30分には消灯。おやすみなさい。
8bcd4b15-bade-4216-8a4c-db1e7b282616wallpaper.jpg
2013/02/01

Apex(3回目)

2月1日(金)

四谷三丁目のApexへ。
2月から金曜日はレディスデーで1000円とお安いのです。(3月末まで)
想像はしてたけど、想像以上に女子だらけでしたw

一昨日のオギパンで致命的に傷めた指がやっぱり全然治っておらず。
いくつか4級のデモをやった(また見知らぬ人相手にカトリン塾開催w)以外は、
7Fでの100度壁3級の手を進めることに専念。
2手進んだものの、次がなかなかとれない。
それはいわゆるリーチ課題とも言う。そう、Apex名物w
だがそれは乗り越えて見せます。(`・ω・´)シャキーン
自分の動きがどうなってるかよくわかんないので
動画で撮ってみました。
左足にもっと乗り込まないとダメなんだろうなぁ。。。

6Fに降りてガバ課題で指をかばおうと思ったけれど、5級ともなると、
やっぱ指2本とかで支えるのはまだ自分には無理らしく。Orz

結果的にかなり指を悪くして帰ってきた感じ。。。
しばらくレストが必要なことがよくわかったので、
少なくとも1週間はレストします。Orz

ご一緒したnちゃんはこの日かなりの成果。Σ(゚Д゚)
追いつかれる感じ~w
nちゃん、ありがとうございました♪