2012/09/28

ウルシガ谷(右俣遡行左俣下降)

9月28日(火)に、Y君とその後輩の3人で、奥多摩の沢に行ってきました。
当初は別の沢に行くはずだったのですが、あいにくの雨。
前日から降っていたため、雨が降っても大丈夫な秋川水系に変更。

シンナソーを登って、隣のヒヤマゴ沢を降りるゆるゆるプランか、
または惣角沢を登って御前山まで行くハイキング込みか、というプランになりました。

シンナソーも惣角沢も取りつきは同じバス停なので、
そこへ行く始発のバスに合わせて、武蔵五日市駅集合。

バス停に行くと、すでに到着していたY君から驚きの告白。

「ダイヤ改変で次のバスは10時みたいです。タクシーだと5000円だそうです。」

えええええええええ?????
まじっすか。Σ(゚Д゚)
今回は直前が忙しく、自分でバスのダイヤを調べてませんでした。
アイタタタタ。。。。

「どうしますか。ウルシガヤの遡行図なら持ってますが」といわれ
「ウルシガヤ行くならこのバスです。あと4分で発車」と目の前のバスを指さされる。

・・・4分で決めろと。(^_^;)

1時間待つか、5000円÷3を払うか、今このバスに乗って沢に行くか、か。


んじゃウルシガヤ!!!!

最近駅前に出来たセブンイレブンにダッシュし、
遡行図のコピーを2枚とって戻ってきてバスに飛び乗りました。

ふぅ、間に合った~~。。。


まったく予想外のスタートです。(^_^;)


バスの中では、ウルシガ谷の地形図がないので、
スマホで「うぉっちず」を出してきてあれやこれや遡行図と見比べました。
ウルシガヤは右俣遡行左俣下山が良さそうです。

そしてバス停下車。
林道歩きが1時間以上あります。
ああ、こんなことなら車で来ればよかった、、、といっても後の祭り。(^_^;)

なんか見たことのある林道だなぁと思ったら、
前に沢登りしようと、来たことがある川でした。
その時もウルシガヤに登りたかったのかなぁ。
雨が酷く、川が濁流になっていたので、
途中でUターンしてベーキャンに行ったのだけは覚えてます。

遡行図の文章を何度も読み、図をよく見るのですが、
どうも入渓地点がわかりにくい。

あーでもないこーでもないと言いながら、どんどん歩いて奥に行きます。
途中、左俣上部で林道工事してるから落石注意と、工事の人に言われました。

そして、どんどんどんどん奥に行くと、なんだか林道が登り出してる。
いや、これおかしいよ、と指摘し、引き返す。
どうもさっきの出合の橋のところがウルシガ谷じゃない?
ということで、戻って、よく見ると、「上部林道工事のため落石注意」の看板があり、
やはりここがウルシガ谷の始まりのようです。
aDSC04088.jpg


早速沢装備を装着、その地点からジャブジャブ入渓したのですが、
ちょっと気が早すぎたみたいで、一旦林道に戻りました。(笑)
10分ほど林道を歩いて、二股のところから、再度入渓。w

白きくらげ♪
aDSC04089.jpg


水量は少ないし幅も細いですが一応ゴルジュになっていて、
釜は腰まで水があったりしてびっくりしたり。
aDSC04096.jpg


しばらく行くと、滝が出てきたので、
「あれえ、二股がなかったねえ、おかしいねえ」というと
「さっき右側にありましたよ」と言われた。(^_^;)
をいをい、君達、その二股を右に行くんでしょうが。www

ということで、また引き返すwww

(私は考えごとをしながら歩いてたので右側にある立派な滝を見落としたらしい(^_^;))


右股は、いきなり核心から始まってる。Σ(゚Д゚)
いきなり2条12mの滝がそびえたつ崖になってます。

この2条12mは、左から行きます。
途中で右に移動し上がる所がちょっと怖い感じ。
ホールドは豊富なんだけど、甘めのガバ。
かなり高度感があり、落ちたら間違いなく死ぬか重傷なので、
フリーで登るのは結構緊張します。

aDSC04098.jpg


ということで、念のため、ゆきちゃんにロープを出してもらいました。

続く8m滝。

aDSC04102.jpg


細いクラック状の滝を登るのですが、ここがなぜだかⅢ+。
自分的にはここは全然簡単だったんだけど、男の人だと体が入らないから難しいのか?
ザックを脱いで後から吊るしあげましたが、自分の場合はザックありでもOK。
ここも一応ロープ出してもらったけど、さっきの滝のほうが怖かった。(^_^;)
(高さのある所が怖い私w)

そのあと4m。
これ、ヌルヌルだというから一応そのままロープをつけて行ったけど、
いやこれは全然大丈夫。(^_^;)

そして、核心終了。(え、もう?(^_^;))

お腹がすいたのでご飯を食べて、遡行再開。

簡単な小滝がいくつか続き、
aDSC04111.jpg


aDSC04114.jpg


aDSC04119.jpg


あっという間に沢が終了。(^_^;)

なんかおいしそうだけど、食べられるかしらん?
aDSC04121.jpg


沢筋を忠実に尾根まで詰め上げ、(林道が新しく作られていました)
そこから地図読みしながら左俣を下降開始。

左俣の本流まで行かずに降りたため、かなり急斜面でボロボロで
土砂を崩しながら降りるという感じでした。(^_^;)
やっと沢床に降りた時には全員ドロドロに。(笑)
この時、私は手に2か所裂傷を作ってしまい、後日膿んでしまいました。(T_T)

左俣を下降します。
1度懸垂で降りたほかは

aRIMG0072_original.jpg

ロープを使わず。

巻いたり、クライムダウンしたりドボンしたり。

aDSC04132.jpg

aDSC04142.jpg

aDSC04145.jpg


で、あっという間に分岐に戻り、あっという間に林道入り口に戻り、
ちょうどバスが来る時間に間に合いそうだったので早足でバス停まで。
バスに乗り、駅では電車に飛び乗り、そのまま解散。

かなり短い沢でしたが雨でも登れて良かったです。
ご一緒していただいたY君&後輩のN君、ありがとうございました。
スポンサーサイト
2012/09/22

高倉沢右俣

谷川岳周辺の沢に登ろうと、土日で2本の予定で出かけましたが、
雨のため、土曜日に短い沢を1本登っただけになっちゃいました。

メンバーはgちゃん。
土曜日の朝、車で東京を出て、土合ロープウェイ駅へ。
そこから入渓点まで国道を歩きました。

土合の駅を過ぎて1つめのスノーシェッドが入渓点。
湯檜曽川の本流に降りて支度をし、9時40分、入渓。
まずは湯檜曽川を徒渉。
今年は水が少なくてびっくりでした。

5分ほど歩いて、高倉沢出合へ。

9:46出合
出合が貧相というのはほんとにその通りで、「ほんとにここで大丈夫か」と思います。
aDSC03999.jpg


しかし、ちょっと歩くと、いい感じになってきます。
aDSC04001.jpg
aDSC04006.jpg
aDSC04008.jpg


10:09 15m滝。
aDSC04010.jpg

この滝は2段になっています。
この沢はすべて逆層のツルツルのスラブなのですが、
行けそうに見えたので、1段目を登ってみました。
aP9220027_original.jpg


途中まで登ったところでかなりしょっぱい感じになってきたので、
gちゃんには巻いてもらおうと振り返ると、すでに途中まで登って来ていたので、
左からトラバース気味に行くか、クライムダウンして巻くように言い、
自分はこのまま直登するか横に逃げるか思案していました。
と、後ろで「あっ!」と声がして、見ると、彼女が滑り落ちている。。。Σ(゚Д゚)
高さは3~4mほど。
幸いにも、蛙みたいな姿勢のままスラブを滑り落ちて行ったので、
膝と脛を強打はしたものの、他には大きな怪我はなかった模様。。。

クライムダウンして彼女のそばに行くと、
元気そうに振舞ってはいますが、かなり痛いのか、顔色が白く、
しばらく水に浸して患部を冷やし、その間に落ち着いてもらいました。

自分のルート選択ミスを反省。。。。
登れそうだと思ったらすぐに取りつこうとする悪い癖がどうしても抜けません。Orz

しかし、幸いなことに、しばらくすると、顔色も戻り、
「もう動けます!」というので、登り続けることにします。

結局2段の滝は素直に2段とも左側から巻きました。
下の段の巻きはどうでもいいぐらい簡単でした。Orz

上の滝の横にはご丁寧にワイヤーまで入ってるし、
aDSC04013.jpg

この沢を遡下する人のための懸垂用スリングまであります。
事故後なので慎重になり、遠慮なく、ワイヤーを使わせてもらいました。
aDSC04017.jpg


ワイヤーを越えた所にも懸垂支点があり、そこを越えたらナメがあったり小滝が続きます。
そして、続くもう1つの15m二段滝(なぜか写真なし)はあっさり左から巻きました。(巻き道は明瞭)
そのあとは苔蒸したゴーロが続きます。
ゴーロなのに飽きないのは、まるで南の島にいるような風情のせいかな。

10:33二俣

苔蒸していい感じ。
aDSC04027.jpg


蛙(子供)に遭いました。
aDSC04031.jpg


スラブな滝。
aDSC04038.jpg


6m2条滝。
これは右側の滝は登れそうでした。
支点もあるらしいけど、今回はロープを持ってきてないので結局巻きました。
aP9220043_original.jpg


11:11 チムニー滝
gちゃん曰くはここがこの日の最大核心だったそうです。
aDSC04043.jpg


私達みたいな身長160cm以下の場合、
チムニーの最初の1歩(右足)がハイステップすぎてうまく突っ張れず、苦労します。
ちなみに突っ張り先の左側は全面ぬるぬるの苔です。(^_^;)
aP9220046_original.jpg


11:16 12m三段
aDSC04046.jpg


先ほどのチムニーを上がったらすぐにこの三段の滝。
ここでルート偵察がてら、ご飯にしました。
この滝は、下段は木を利用して登れそうなものの、
2段目3段目が登れるかわからず、途中から巻けるかもわからないので、
最初から左岸の巻き道で高巻きしました。踏み跡は明瞭です。

沢床に戻ってちょっと行くと、沢が地味に2本に分かれました。
(水量がないので、かなりわかりにくいです。)
右俣本流は左なのですが、左のナメ小滝が登れないので、
右の沢に入ってその滝を超え、間のリッジを越えて忠実に左の沢に戻ります。
ちなみに、分岐の時点では、右は水があるけれど左は涸沢です。
ボサもかかってるので、ついつい引き返しそうになりますが、
遡行図を信じてそのまま登ると、しばらくして、また水が出てきます。

親蛙に遭いました♪ヽ(^o^)丿
aDSC04054.jpg


そしていよいよ詰めに向かいますが、
台風によりガレやゴロが詰まったスラブの模様。。。
aDSC04059.jpg


12:29 40mスラブ の取りつき。
aDSC04061.jpg


私的にはここがこの日の最大核心でした。Orz
最初はたいしたことないように見えたのですが、
傾斜が結構あるのと、スラブ自体が外傾、逆層、ぬめぬめのナメ。
右から逃げようにも、泥つき、弱い草つき。。。
かなりの緊張を強いられ、速度が遅くなりました。
(フォローのはずのgちゃんより、怖がりの私のほうが遅かった。(^_^;))

aP9220052_original.jpg

下段右側と上段右側にもハーケンが1本刺さってますが、
大人数パーティでロープを出す場合にはロープは50mは必要かと。
(大きなテラスがないので、人数がいる場合、ピッチを切れません。)

びびりながら登ってる私。
aP9220055_original.jpg


登り終わったあとはこんな感じ。
aDSC04065.jpg

とにかく、ここは初心者や怖がりの人には絶対にロープを出すべき場所です。(^_^;)

そしてこの40mスラブが終わったら終了かと思いきや、
びっくりすることにこの沢は、最後の最後、ほんとに沢が終わるポイントまで、
びっしりとヌルヌルのコケ付き逆層ナメが続いてます。。。Σ(゚Д゚)
aDSC04067.jpg


横の草つきがあまり信用できないので、エスケープできず、
仕方なくそのツルツルヌルヌルのナメを登っていくことに。(^_^;)
最後の最後になるまで、ほんとにずっとツルヌル逆層ナメが続き、
あまりのしつこさ(笑)に、2人とも「またナメ~~~?もういいよ!!!」と。w
「またナメでございます」なgちゃん。w
aDSC04068.jpg


そして、ついに、やっとナメヌルヌルスラブが終わり、谷が終わりました。
aP9220058_original.jpg


13:15 尾根に乗り上げ、ヤブコギ開始

ヤブコギといっても踏み跡は明瞭で、たいした苦労もなく、高度を上げると、
aDSC04073.jpg


オオカメノキ。秋ですなあ。
aDSC04077.jpg


紫色のキノコ。ムラサキシメジモドキ的な名前だったと思います。
aDSC04074.jpg


14:05 登山道に飛び出しました。
aDSC04079.jpg

そして数歩で山頂という噂通り、ほんとに数歩で山頂でした!
(てか、登山道の途中に山頂があるんですね。(^_^;))
aP9220062_original.jpg


そのあとは、ロープウェイ駅を目指して下山し、
aP9220074_original.jpg

自分に甘く、1200円も払って、ラクチンロープウェイ下山でした。w

その後、風和の湯(温泉)に行き、帰りに薬屋を探したけどなかったので、
お世話になってるガイドさんである、タカ&ヒロ夫妻の冒険小屋に行って、
タカさんの御霊前にお参りさせてもらいつつ、たくさん湿布を貰ってきました。

そしてロープウェイ駅に戻り、沢ウェアや道具を干して、ご飯を食べて寝ましたが、
残念ながら、翌日曜日は朝からシトシトとイヤな感じで降っており、
ほかの場所でも沢も考えたのですが、どうもテンショんが上がらずに
そのまま東京に向かいました。
関越途中での降り具合を考えると、辞めてよかったと思える感じでした。

ご一緒いただいたgちゃん、ありがとうございました&どうかお大事に。
2012/09/17

9月3連休は白馬でお仕事

9月の3連休はまた白馬の山小屋でお仕事でした。
山はすっかり秋の気配でしたが、
雪解けが遅い場所ではまだウルップ草やオダマキなど、
初夏の花も見られて和みました。

f7d5ad49-1544-470a-aa98-5233535e42bbwallpaper.jpg


3日間、山友達と一緒に厨房で仕事して、
そして最終日は念願の大池経由の下山のOKを取りつけたのに、
その日は台風の接近により20-25mの暴風だったので、バイト全員で猿倉へ下山。。。Orz
結局私は今年猿倉と白馬山荘の間を、雪渓を6回通ったことになります、はい。。。(^_^;)
(でも、社員の人と降りたので、特権?で、白馬尻からの送迎車に一緒に載せてもらえました。
ラッキー!前に秋野さんが来られた時に乗っておられて、「いいなぁ」と思ったものです。(笑))

下山後は第一郷の湯でひと風呂浴びて、ご飯を食べて解散。
長野県内は黄金色の収穫の時期で、黄金の国じぱんぐという言葉を思い出しました。
2012/09/05

大若沢

9月5日(水)

平日日帰りで秩父にある大若沢に行ってきました。
メンバーは、私とEちゃんの2人。

沢選択の基準は

ロープを使わない(重いのイヤw)
泳ぎ系
ゲリラ豪雨が発生してもすぐに逃げられるエスケープルートがある
車でしか行けない
夕方仕事があるのでそれに間に合うように帰れる

ということで、前から行ってみたかった大若沢に決定。

始発で私の最寄り駅まで来てもらい、車で出発。
現地到着8時半位で、支度をして8時50分、駐車場出発。

遊歩道を歩いてテクテク行き、適当な所で沢に入ります。
そのままジャブジャブ行きますが、遊歩道が真横にあるので、
出だしはちょい興ざめな感じw


8:58 F1 勘兵衛の滝。(2連)
1個目の3m滝。 
aDSC03834.jpg

左から。
aDSC04213_original.jpg


Eちゃん
aDSC03835.jpg


9:03 2つめの4m滝
右から。

aDSC04215_original.jpg


Eちゃん
aDSC03843.jpg



9:09 2m大釜 
ガイド本は巻きだが、もちろん直登。


aDSC04225_original.jpg


9:12 2条2m 
aDSC03853.jpg



aDSC04229_original.jpg


Eちゃん
aDSC03854.jpg


9:23 不動の滝 4x6m 

Eちゃんは左からへつって取りつき、
aDSC03863_20120910184134.jpg

滝の左側に残残ハーケンあり。(上にあったかは未確認)
aDSC03866.jpg

私は釜を泳いで右からとりつき、流心をフリクションで登って左へ。
aDSC04236_original.jpg

ガイド本にあるとおり、最後が悪く、お助け紐を出した。
aDSC03870.jpg

しかしこの滝、4x6mではなく、2x12mな感じ。。。。
でもこれ以外に、この記述に該当する滝がなかった。

9:43 4m 
aDSC03875.jpg


9:44 トイ状12m 
最初はこういう風に見える。
aDSC03876.jpg


そして奥に行くと。。。
aDSC03877.jpg


この滝は面白かった。
S字状態のゴルジュで、釜はまるで露天風呂みたいな感じ。
中に大きな倒木があるのがちょっとアレだけど、
中を泳ぐか、ヘツって取りつくこともできる。

落ち口の下までヘツりに行くと、手を置いたところがヌメっとした。
びっくりしてよく見ると、蛙がいた。汗
aDSC03879.jpg


落ち口から見上げる。
aDSC03880.jpg

そこから、私は流心を登って上まで。
aDSC04242_original.jpg
aDSC04243_original.jpg

しかし最後が悪かったので左のリッジ寄りに逃げたが、
そこもヌメっていて怖かった。(普通ならロープを出す場所)
aDSC04247_original.jpg


Eちゃんは落ち口から直接リッジへ。
aDSC03885.jpg


トイ状の最上部の真上にあるちょっとしたスラブ滝が面白かった。
aDSC03886.jpg


広すぎてツッパリが効かないので流心を登るんだけど、
流れがあるので押し流されないように、
流れの中のクラックに足をジャミングして登りますw
なんて楽しいんだろう!!ヽ(^o^)丿

このあたりで魚がいるのをEちゃんが目撃。
禁漁区ですが、ヤマメなどがいるのかな。
aDSC03890.jpg


このあたりはたくさん泳げた。
aDSC04251_original.jpg


とてもきれいでしばらく楽しいところ。
aDSC03891.jpg

そこからしばらくはゴーロ状でちょっと飽きる。

10:34 魚止めの滝 
aDSC03915.jpg


これが面白かったw

右からへつっていき
aDSC04266_original.jpg


滝の真下で倒木をくぐる(一瞬消えるw)
aDSC04267_original.jpg


そして滝の左側にトラバース
aDSC04268_original.jpg


2条6m

Eちゃん
aDSC03921.jpg


aDSC04280_original.jpg


10:55 直滝8m 
aDSC03928.jpg

これが最後の滝です。

aDSC03929.jpg

右から登れそうだが、ロープ(プロテクションも)がないので残念だが左から巻いた。

11:08 長滑沢出合
11:17 遊歩道へ

ところがこの遊歩道、どなたかのブログにも出ていた通り、
かなりアドベンチャラスな遊歩道。(笑)
下の廊下を思い出しましたwww
aDSC03942.jpg


しばらく遊歩道を歩いてるうちに、つまらなくなってきて、沢床へ降りました。
滝はクライムダウンしたり巻いたりスライダーでドボーンしたりして、
12:11 沢の入り口に戻りました。
その後、遊歩道入口のPにて着替えてから大滝温泉へ。
東京帰着が16時位。

とっても楽しかったです。ヽ(^o^)丿

色々気付いた点など:

※ 今回は、クライミング仲間と一緒に行ったので、ロープなし(お助け紐使用)でしたが、
初級者が居る場合には必ずロープが必要です。(巻く場合でも)
また、全ての滝を巻くことが可能ですが、ここは巻かずに全部泳いで突破が楽しいです。
(今回は、最後の滝だけちょい危険そうなので巻きましたが、ロープがあれば登ったと思います。)

※県道の途中にあるトイレも、Pにあるトイレもとても広くてとてもきれいでびっくりでした。
Pのトイレはとても広いので十分着替えるスペースがあります。温泉は大滝温泉。600円。

今回はビデオも作ってみました。
お暇な方どうぞ。
2012/09/02

豪雨予想で沢中止→クライミングジムへ

今日はS君と2人で沢に行く予定でしたが、
前日のゲリラ豪雨の酷さもあったので、
ちょっと用心して、クライミングジムに行くことに。
久々に入間のベーキャンです。
最初は晴れていたのですが、ジムに居る間、3度ほど酷いゲリラ豪雨が通過。
やっぱり沢行かないで良かったね、ということになりました。

10本登って、収穫は、スラブの新しい課題の10ABが出来たことかな?
色んな壁でルートが変わっていて、全体的に本数が減ってた気がします。
懸案の課題は全部残ってましたが。(^_^;)

1868681018_160.jpg

この日の夜はユージのキナバルスライドショーの予定でしたがが、
10本登っただけでヘロヘロとなり、16時前にはジムを出ました。(^_^;)

涼しくなって沢に行かなくなったらまたジム復活ですね♪

ご一緒していただいたS君、ありがとうございました。ヽ(^o^)丿