2011/10/25

2011ハセツネ応援日記

10月22日(土)~23日(日)

今年も友達5人を応援するためハセツネに行ってきました。

去年おととしの経験から応援ポイントを選定して、
前日にわざわざ下見しに行ってきたのですが、
下見のおかげで当日スムーズに移動ができてよかったです。

今年はk君ちに寄らずに会場直行。
aDSC_1950.jpg


11時半前に会場について早速皆にメールしてたら、
ばったりとk君とd君に会いました。
出走前のパチリ♪
aDSC_1946.jpg


いい笑顔だよねえ。
ハセツネの応援ってこの笑顔を見たいがために行ってる気がする。
これから71kmを人と戦い自分と闘いながら走るっていうのに、
なんでこんなに爽やかに笑ってられるんだろう。
漢の中の漢って気がします。かっこよすぎ。

体育館のところで、m君にも会いました。
aDSC_1948.jpg


出走が近づくと皆グラウンドへ集合します。
aDSC_1953.jpg


ツイ友Fさん。
aDSC_1951.jpg


大会の選手宣誓は東北の2選手がしたのですが、
宣誓文言を聞いて思わず泣いてしまいました。(T_T)

スタートはこんな感じ。
aDSC_1953.jpg
aDSC_1954.jpg


なにせ2100名を越す出場者ですから最初は大渋滞。
aDSC_1956.jpg


ーーーー
さて、スタートを見送った後は、1つめの応援ポイント入山峠に向けて出発です。

全71kmのコースを24時間で周回してくるのですが、
間に、第一、第二、第三の関門(チェックポイント=CP)が設けられていて、
決められた時間までにそこを通過しなければいけません。
そして全体では24時間でゴールに到達しなければなりません。

入山峠というのは、1CPの手前にある峠で、
本来なら五日市側から林道でアプローチできるのですが、
今年は工事で通行止めになってます。
なので、秋川街道を使って八王子側に抜け、
そこから林道を逆に登り返してみました。
カーナビには詳細が載ってない林道なので、
山と高原地図を読みつつ道路の標識を見ながらの地図読み車行ですw

途中1回間違えて別の林道に行っちゃったけど、
無事に正しく林道に入れて、落ち葉や枯れ木だらけの道を登っていきます。
後もう少しで峠につく、というところで、なぜだか前に車が2台止まってて、
ハザードが出てる。
車を停めて降りると、「すみません!パンクしちゃったんです!」とのこと。
皆さんもハセツネ応援部隊らしい。
「あ、大丈夫ですよ、私も応援なんで」ということで、
タイヤ交換が終わるまで待つ。

そして峠に到着したら、時間が遅すぎたらしく、
どうやらすでにk君は行ってしまったらしい。(^_^;)
と、ほどなくして、d君が登場。
そしてしばらくすると、m君が登場。
m君から数人遅れてFさん登場。
3人とも無事に通過していきました♪

そして、なんと、タイヤパンク集団の人達、
あの有名な「女将さん」のチームでした♪
(毎年3CPで一晩中応援してくれてる鳴り物入りのにぎやかな集団)

で、その女将さんたちは、なんとm君の知り合いだったというオチ。w
世の中狭いですねえ。(笑)

全員行ってしまったあと、その女将さん集団を記念撮影。
aDSC_1969.jpg

この峠のあとは、女将さん達は3CPへ、パンクした車の人達は、オオダワへ。
そして私は2CPへ。と、それぞれ分かれてそれぞれの場所で選手を応援です。

ーーーーーーーーーーーーーーー
いったん五日市に戻ってきて、食料を仕入れて2CPへ向かいます。
雨の予報で、スタート前はザーザー降ってたのに、不思議と雨が止んでいる。
ハセツネマジックだ♪
時折りパラパラ来る程度で、これならイケる!と思うのです。
このまま翌朝13時まで持ってほしいな!
少なくとも私のマイミクさんたちがゴールするまではもってほしいな!と思います。

昨日下見した林道をグイグイ登って峠のゲートへ。
ガスで真っ白だったので昨日下見しておいてほんとによかった。
林道終点が奥多摩周遊に接するところにはゲートがあり、閂が2つかかってる。
車をゲートに捨てて、奥多摩周遊道路に出て、車道をそのまま歩きます。
車道の10mぐらい上に登山道があり、選手が通るたびに灯りが揺れて通過していきます。

生温かく、時折りやわらかい風の音。暗闇にチラチラ揺れるライトの光。

時間が止まったかのような、幻想的で不思議な30分でした。

無事に月夜見第二CPに到着。
aDSC_1971.jpg


選手が登ってくるゲートのところで、選手一人一人に
「お疲れ様でした!」と声をかけながら拍手をするという、
地味で根気のいる仕事をやりながら、皆が来るのを待ってました。

と、なんだか、エイドの女性が見覚えがあるので声をかけてみると、
古い山友達のNちゃんでした。
山岳会の仕事で救護班に来てるらしいが、ヒマなのでエイドを手伝ってるとのこと。
aDSC_1973.jpg


私が到着した時はまだ先頭から50名程度だったので、
ガラガラでしたが、そのうちCPはどんどん賑わってきて、
休憩をとる人が増えてきます。

女性トップの人。
この日はどこだかのテレビが女性ランナーばかり撮ってました。
aDSC_1974.jpg


予想より1時間半遅れの20時56分、ついにk君到着!
思ったより気温が高くて脱水になってしまい大変だったらしい。
aDSC_1984.jpg

とりあえず、ここから先は楽しんで走って13時間切りを目指すとのこと。
ほっとして送り出しました。

それから待つこと2時間。
ついににd君が現れました!
aDSC_1992.jpg


調子がいいらしい。まだまだ元気に行けそうだということで、
k君が13時間切り狙いでちょうど2時間の差があるから、
d君頑張ったら15時間切り狙えるんとちゃう?と激励して送り出しました。


そして、それから待つこと1時間半。
これ以上待ってたら、今度はゴールでのk君の撮影に間に合わない、
ということで、残る2人に会うのは断念して、引き揚げました。

ーーーーーーーーーーーーー

残る2人に「申し訳ないけど先降ります」メールをしたら、
Fさんから電話がかかってきました。
いわく、ちょうど今2CPの手前だけど、ハンガーノックで頭痛がひどく、
手も負傷してるため、リタイアするとのこと。
残念。。。。。(T_T)

ーーーーーーーーーーーーー

五日市に帰り、ゴール前に陣取り、三脚を立てて
しばらくしたら、k君がゴールしてきました。ヽ(^o^)丿
あいにく、霧が出ちゃってて画像曇っちゃったけど。
aDSC_2007.jpg


ゴール後は無料豚汁です。これがおいしそうなんだよなw
aDSC_2014.jpg


2CPに居ててくれてオツアリと言われて嬉しかったなぁ。

そしてその後3時間待ったのですけど、なぜだかd君が来ない。Orz
だけど、Yさんに会えた♪
aDSC_2022.jpg


そろそろ体力が限界になったので、
16時間(朝5時)まで待ったところで切り上げて、帰宅しました。
この時間になると、始発が動きだすから、走り終わったあと、
ヨロヨロ足を引きずりながら駅に向かっているランナーがたくさんいて、
まるで戦場のような雰囲気でした。

そんなになるまで戦って。。。(T_T)
いったい人は何のために走ったり、山に登ったり、そして走りながら山に登るんだろう。。。
ヨガ的見地からいうと、そんなのは絶対カラダによくない。
だけど、それを上回る神々しい何かがある。
常人を寄せ付けない何かがある。
その何かは、多分人が遭難した時とかに発揮されるアレかもしれない。
人間の極限時の力。
肉体と精神と知性の力を合わせた総合力。
それがないと極限の山は登れないんだろう。
だから、ハセツネはすごいんだろうな。。。


と、言うわけで、今年も感動しながら観戦終了。
その後、d君とm君の時間内無事ゴールを確認しております。

参加された皆さんお疲れ様でした!
ゆっくり休んで疲れをとってね♪
今年もたくさんの笑顔と勇気を有難うございます。
また宝物な思い出が増えました。(*^^)v
スポンサーサイト
2011/10/25

10月連休の行きあたりマッタリ山旅(5)鎌池

10月10日(日) 後半

登山口に無事に戻ってきたら喉が渇いていたので、雪解けサイダーを飲みました。
aDSC01688.jpg


まずは温泉へ。雨飾荘の温泉に入ります。(500円)
次に、観光気分で鎌池へ。

期待しなかった割に、びっくりするほどきれいな所でした。
夕方だったので人もさほど居なくて大正解。

aDSC01696.jpg
aDSC01697.jpg
aDSC01698.jpg
aDSC01702.jpg
aDSC01706.jpg
aDSC01709.jpg


のんびりお散歩して1周ぐるりと回って、駐車場にてM家とお別れ。
この3日間ほんとにお世話になりました♪

彼らは長野まわりで帰るのですが、
私はどうしても魚が食べたくて日本海回りで帰宅する道を。
(冬よく上越に来るので遠さを感じないw)

M夫妻と別れて、一路、糸魚川へ。
どこかに「きときと寿司」ないかなぁなんて思ってたら、
まさに糸魚川ICのすぐそばにあったのでびっくりしました。(笑)

ビールが飲めないのがつらいですが、早速注文♪
結局、アジ、イワシ、ブリ、の繰り返しで注文しました。
aDSC01719.jpg


地の魚を久しぶりに食べて、ああやっぱりぜんぜん違うなと思いました。
こんだけおいしいイワシも久しぶりだなぁ、と感動。
サバなみに脂乗ってますw

そこから下道で上越まで抜けて、
上越からまた下道で253を通って、六日町まで。
塩沢から関越に乗ったら渋滞がほとんどなくてびっくりでした。
思ったよりずっと早く、22時位には都内に戻れました。

裏剱に行くはずだった3連休。
それが田んぼ平の紅葉と室堂の雪、剱を楽しみ、
友人と再会し、紅葉と美しいブナ林を楽しみながらの雨飾山になり、
2泊3日、心から楽しく過ごせたことがとても嬉しくて
本当に印象深く忘れ得ぬ3連休となりました。
ご一緒していただいたM夫妻、L氏には心からお礼申し上げます。
ご一緒できなかった関西組の4名にはまた来年の裏剱での再会を約したいです。

長い日記に最後までお付き合いいただいた皆様にもお礼申し上げます。<(_ _)>

いや~、今回、時間切れで登山届出してなくてよかった。(こらw)
2011/10/24

10月連休の行きあたりマッタリ山旅(4)雨飾山

10月10日(月)

6時頃起床。
朝ご飯は、そうめんとわさび菜、ネギ、仙台麩の煮込み素麺。
aDSC01587.jpg


これで1食残して持ってきた食糧は使いきった♪
仙台麩は1回に1個とかなら意外に使える。
コクが出るので満足度が高くなる。

7時半ごろ出発の予定だったけど、皆の登りが早いのを知ってるので、
私だけ7時10分に先に出発しました。
無線があるのでお互いどこにいるかは連絡とりあえるようになってます。
やっぱ無線は便利です。

キャンプ場。
aDSC01589.jpg


昨晩は暗くてわからなかったけど、
どうやらおそろしくきれいなところであることが判明。
aDSC01590.jpg


ワクワクしながら歩いて行きます。
aDSC01591.jpg


ドクウツギの実
aDSC01593.jpg


オニシオガマ
aDSC01595.jpg


うわぁぁぁぁ、なんだこれは!!!!
aDSC01594.jpg


やばいやばい!
aDSC01596.jpg


この道やばいよっ!
aDSC01598.jpg


と、一人で大興奮状態。
aDSC01602.jpg


紅葉がきれいとは聞いてたけど、
aDSC01603.jpg


まさかブナに会えるとは思わなかったので
感動に震えながら登って行きます。
aDSC01605.jpg


ほどなくブナ平。
aDSC01607.jpg


もうほんとに超綺麗
aDSC01612.jpg


本当に来て良かった。
aDSC01615.jpg

黄金色!
aDSC01617.jpg


ニッポンの広葉樹、ばんざい!
aDSC01619.jpg


なんだってこんなきれいな木をぶった切って杉なんて植えるんだろ。(T_T)
aDSC01621.jpg



そして荒菅沢への降り口で、初めて雨飾山が見えました。
aDSC01623.jpg


おおっ!結構急ではないか。Σ(゚Д゚)
立派な岩壁に先鋒ではないか。Σ(゚Д゚)

荒菅沢は人で大混雑してたので素通り。
そのまま登り返しに入ります。

なんかかっこいいなぁ。
aDSC01629.jpg


この壁登れんのかな?(ついそういう発想になります。(^_^;))
後日調べたら、有名な「フトンビシ」という針峰群で脆いためかなり難しいらしい。
aDSC01630.jpg


後ろを振り返ると戸隠や高妻山が。
aDSC01637.jpg


左手に雨飾山の岩壁と紅葉を見ながら登っていくと、
aDSC01632.jpg


ついに頂上が見えた。
aDSC01649.jpg


ここから上は熊笹に覆われてるらしい。
aDSC01651.jpg


私は熊笹のモッコリした感じがとても好きなので
ここの景色はとってもお気に入りになりました。
aDSC01657.jpg


山頂直下は急ですれ違いで渋滞します。
だけど皆さんが譲ってくれるので、休むヒマもなく登り続け
ゼイゼイ言いながらついに山頂到着。
Mさんたちも同時に到着です。(さすが早い)

山頂大混雑ですが、スキをみて、ボラTで記念撮影します。
aDSC01661.jpg


そして少し降りたところに腰かけて、景色を堪能しながら軽くお昼を食べます。
食後にはL氏から、グレープフルーツの差し入れがありました。
これがおいしいんだよね~♪
aDSC01664.jpg


さて、寒くなってきたので、帰ります。
下りはあっという間で、途中、荒菅沢で足を水に浸したりとかして、
美しいブナ林に別れを告げて戻ってきました。

(つづく)
2011/10/24

10月連休の行きあたりマッタリ山旅(3)剱御前

10月9日(土)

6時位に起床。
朝ごはんは昨晩と同じ構成で、そうめん+小松菜、ネギ、ミョウガ+明治屋のそぼろ、
の煮込み素麺。
今回は生野菜持参だからとっても満足です♪

テントから顔を出して外を見るとびっくりするほどの快晴。Σ(゚Д゚)
aDSC01540.jpg


あまりに天気が良いので、このまま降りるのはちょっともったいないので、
剱御前までちょっとお散歩しに行くことになりました。
行ってる間にテントやフライを乾かす作戦です。

8時前ぐらいに出発。

のんびり歩いて行くと、行く手稜線上に防災ヘリが現れ、
登山道にいる遭難者を救助してました。
aDSC01544.jpg


しばらく行くと、前方に子供を背負った登山者が歩いていました。
追い抜きにかかったところで、ふと奥さんの顔を見ると、
なんと、山&雪友達であるEちゃんだったのでした。Σ(゚Д゚)


「えええええええ?Eちゃんっ!!!!!Σ(゚Д゚)」

と、思わず叫んでしまいました。w

「ああああああ? カトリンさん!? Σ(゚Д゚)」

ということで、感動の再会です。
ひとしきりお話して記念撮影などをしてからお別れしました。
(彼らは御前まで上がらないらしい)
aDSC01546.jpg


割合すぐに御前到着。さっそくボラTで写真を撮ってもらったり、
aDSC01555.jpg


剱の写真を撮ったり。
aDSC01554.jpg


が、やっぱちょっと物足りないわけで。w
なので、剱御前のピークを踏みにさらにテケテケ。
とはいっても三角点ではなくすぐそこなのであっという間に到着。
まあ満足して降ります。

パノラマ写真を撮ってみた。
剱方面(なぜか後半真っ黒(T_T))
aDSC01560.jpg


室堂方面
aDSC01562.jpg


下りは雷鳥坂であっという間。

お腹がすいたので4人でベンチに座ってお昼ご飯を食べます。
日が差してて風もなく穏やかで暖かい♪

今日のお昼ご飯は、「お米の麺」と、親子丼(フリーズドライ)とネギを煮た、
親子ネギフォー?です。w
仙台麩も1つ入れてみました。
aDSC01563.jpg


隣でL氏が腹立たしいぐらい良い匂いのするものを食べてましたw
aDSC01568.jpg


食後は撤収して、がんばってあの地獄階段を上がって
ゼイゼイ言いながら室堂まで。
途中、雷鳥荘の近くにライチョウがいました。(今回見かけた唯一の雷鳥)

室堂到着。
警備隊の掲示板。
aDSC01576.jpg
aDSC01577.jpg


さほど混んでなくてほっとしたのもつかの間、
「大観峰からのロープウェイは80分待ちです。ご了承ください。」とな。(^_^;)

ああああ、そうだった。そうだった。連休だったんだった。Orz
だから朝イチで出るって話になってたのに、うっかりお散歩行ってしまった。(笑)

改札のところにある重量計でザックを測ってみたら、
私13kg、Mさん15kg、S氏18kg、L氏20kg。。。。

・・・私が一番軽くて、一番若くて、そして一番歩くの遅い。。。。OrzOrzOrz

バスに乗り、ロープウェイを80分待ち、ロープウェイにのり、ケーブルに乗って、ダムへ。

ダムで。
いつもバスに乗り遅れそうで素通りしてたけど、
今日はダム工事で亡くなった171名の方にちゃんと黙とう。
aDSC01578.jpg


ダムからは最終の1つ手前、17時発のバスで下山しました。
無事に扇沢到着。
ゆったりまったりの旅ですが、
マッタリしすぎてすでに暗くなりつつあります。(^_^;)

白馬村のAコープで食糧買いだしをして、
「みみずくの湯」でゆったり入浴してから、
小谷(おたり)村の雨飾山の登山口についたのは21時ぐらい。
かなりの数の車が停まっています。
キャンプ場でテントを張ってる人も結構いる。

2台の車でLさんのテントを挟むように停めて、静かに宴会開始。
私とMさんは寒いのでお互いの車中にいて、窓だけ開けて参加w
aDSC01586.jpg


Mさんからヨナヨナの差し入れをいただきました♪
aDSC01579.jpg

大好物なのでとても嬉しい♪ヽ(^o^)丿

今日の私のご飯は、昨晩M家から差し入れられて作った肉豆腐がウマーだったので
今日も肉豆腐。(豆腐1丁と、ネギ、ワサビ菜と、鳥そぼろ缶)
aDSC01581.jpg


そこへフランスパンにチーズを塗ったものなどおいしい差し入れが続々ときて嬉しい♪
満腹になりました♪

皆はワインを飲んでたけど私はビール1缶のみ。
22時になったので、お開きにして一足早く寝ました。

車の中はテントと違って本当に眠りやすい。
暖かいし。(そりゃそうです、外気温が昨晩とは10度以上違う)
おやすみなさい。
明日は7時半ぐらいに出発の予定です。
2011/10/24

10月連休の行きあたりマッタリ山旅(2)田んぼ平から雷鳥沢

10月8日(土) 後半

さて、お蕎麦を食べたあとは、室堂にむけて出発です。
数年前にここを紅葉の中降りてきて大変な美しさに感動したのですが、
まさかここを登るハメになるとは。(笑)

ロープウェイ駅の紅葉。
aDSC01486.jpg


登って行きながら、たまにロープウェイが上を通るのを見上げる。
aDSC01488.jpg


まだロープウェイ駅は遠いなぁ。
東一ノ越はそれよりまだ上だからなぁ。Orz
aDSC01490.jpg


まだまだ遠い。Orz イヤイヤダラダラ登っていきます。
aDSC01493.jpg


登っていくにつれ、日陰部分はしっかり雪道に。
aDSC01499.jpg


途中、無線でMさんパーティと交信。
むこうもダレてるのか、休憩時にmixiを見たらしい。
私がお蕎麦をモバミクしたのをしっかり見られてしまった。w
やっぱり健脚の彼らは私らより1時間分ぐらい先を行っている。

やっとの思いで東一ノ越到着。
休憩込みとは言え、CTいっぱいかかってる。Orz
aDSC01501.jpg


ここは風がビュービュー吹くので寒い。
しかしここでL氏に柿(大好物)をいただいて一気に蘇った♪
aDSC01502.jpg


寒いので休憩もそこそこに一ノ越しに向かう。
悪絶な龍王岳と鬼岳のガレ。
aDSC01503.jpg


それに比べると一ノ越は平和な風景。
aDSC01504.jpg


山荘が見えた♪
aDSC01505.jpg


しかし実は山荘が見えてからが長い。まるで槍。w
aDSC01509.jpg


やっとの思いで一ノ越山荘到着。
眼下の室堂。
aDSC01511.jpg


すぐに出発。
道は雪と氷で、とくに下りは滑りやすくなかなか手ごわいw
aDSC01512.jpg


一ノ越から雷鳥沢への直ルートの分岐を見逃し、
室堂方面へしばらく降りてしまう。
途中で他の登山者がその直ルートを歩いてるのを見つけて、
斜面をトラバースして無事合流。
aDSC01514.jpg

室堂で雪のシーズン以外に登山道以外を歩くとは思わんかった。w

浄土山♪
aDSC01515.jpg


やっぱり雪があるせいなのか元から室堂が好きなのか、
急激にテンションがあがってくる。
冬に滑ったラインを確定しながら雷鳥沢に向かって降りていく。
aDSC01517.jpg


テン場見えた~♪
aDSC01518.jpg


最後は徒渉でショートカットしてテン場無事到着。
aDSC01522.jpg


通路際のドロドロじゃないところにテントを縦列に張る。
(雪が融けてテン場はドロドロの沼状態になっていた。(^_^;))
M家は通路を挟んで私達の反対側にテントを張り、
私だけじゃなく、皆も疲れてたのか、
温泉は「もう明日でいいよね。」ということで宴会開始。w
寒いので全員がテントの中に居るんだけど顔だけ出して乾杯。
テント越しに会話しますw 無線機でも会話できるので便利w

今日の私の夕食は、そうめん+野菜(ネギ、小松菜、みょうが)+
明治屋の鳥そぼろ で、ちょっと煮込んだらおいしかった♪
aDSC01537.jpg
aDSC01539.jpg


M家から豆腐の差し入れが。Σ(゚Д゚)
この豆腐も、鳥そぼろとネギで煮込んで
肉豆腐みたいにしていただいたらウマー!Σ(゚Д゚)
(写真撮り損ねた)

夜トイレに行く時にテン場とうっすら明るい山を撮ろうとしたのだけど、
このデジの夜景モードがよくわからず、超時間露光が出来なかった。Orz
aDSC01534.jpg


宴会しながら明日何時に出るかを相談。
朝一で降りないと観光客が来てロープウェイとか大変なことになるから、
なるだけ早く出たほうがいい。
が、下山だけのために超早起きはイヤだよね、ということで、
マッタリ7時半出発ぐらいにしよう、ということになりました。

では、おやすみなさい♪

(その晩は、カイロや足の下(ハーフマットなので)に敷く銀マットを持参したこともあり、
9月連休の五竜の時よりはずっと快適でした。が、寒くなかったわけではないので、
やっぱカイロはもっと盛大に肩や背中、腰にも貼るべきだったと反省。)

(つづく)