2011/03/06

裏山バリエーション

昨日長野某所で滑って隠れ家に久しぶりに泊まり、
午前中は用事を済ませて午後、裏山に出かけました。

残雪状況が微妙だったのでボードもシューもなしで出かけたのですが、
なんだか普通に歩いてるのはつまらないので、バリエーションルートを開拓することに。

途中までは登山道を歩いてたんですが、
aP1040775.jpg

ちょうど鹿の足跡が向かってる方向へ。
前から「この尾根登ったら行けるはず」と思ってた場所でした。

雪の時期は下生えもないので登りやすい。
鹿しかいない尾根をグイグイ登って行きます。
aP1040777.jpg

あたり一面鹿糞だらけ。
このあたりの鹿の食害は酷いものです。
今日も、見かけただけで5,6頭居ました。

落葉松の植林された中を登っていくと、べつの尾根に。
そこはブナの原生林。
aP1040778.jpg

やっぱり植林よりブナの林がいい。

そしてグイグイ登っていくと、森林限界近し。
aP1040780.jpg

後ろを振り返ると、北から南まで八ヶ岳全山が一望に。
aP1040782.jpg

さらにグイグイ登っていくと、なんと、スキーの滑走跡が。
aP1040787.jpg

たぶん近所のペンションの御主人です。(山スキー)

そして、あれがどうやら山頂らしい。
aP1040789.jpg

が、突然雪質が硬くなり、アイゼンなしではちょっとビビるような状態に。
そしていっちょまえに雪庇まで出来てたりw
aP1040790.jpg

風上を歩いて無事に山頂へ。
aP1040793.jpg

風が強く天気が悪くなってきていたのでそそくさと退散。
下山はノーマルルートで。
樹林帯の中に入り、テーブル岩でのんびりとお茶タイム。
aP1040796.jpg

帰りはあっという間でした。

先日死んだ愛犬と何度も来た山なので、ちょっと思いだしたりして。
だけど本当に楽しいなぁ、バリエーション♪
今度は岩尾根から直登してみよう!

おまけ
木の芽が、太陽礼拝してる。
aP1040798.jpg

太陽に向かってバンザーイヽ(^o^)丿
aP1040800.jpg

スポンサーサイト
2011/03/05

奇跡のパウダーツリーラン

1年ぶりに、いつもの仲間と滑ってきました。
しかし新潟のホームではなく、長野県は某所にて。
あまりにいいところだったので場所は明かせませんw

小さなゲレンデなんだけど、ツリーランし放題、
規制のゆるい、自治的(当然オウンリスク)な、
天国のようなところでした。

駐車場で待ち合わせたのですが、あまりに小さいのでちょっと心配になりw
ドカドカと雪が降っていたので雪自体は心配していませんでしたが、
全容が見えていなかったので、最初はオッカナビックリでオープンと同時に突撃開始。

リフト上から様子偵察。ここ全部OKみたい。
aP1040743.jpg

ところがローカルの人たちはいたってのんびり。
誰もパウダーに突撃する様子がありません。
妙だなぁと思いつつ、リフトを乗り継ぎ、上部へ。
するとそこには非圧雪のおいしそうなバーンが目の前に広がっていました。
様子がわからないのでおっかなびっくりながら突撃開始。
あちこちパウダーを食い散らかして行きますが、
ものすごいディープパウダーを食った直後にコースに出てその段差でこけたりとか、
視界が悪かったせいもあり、結構面食らうシーンも多く。
いきなり派手に横転して首を伸ばしてしまいました。汗
(とはいっても午後にもなるとすっかり慣れてしまいましたが)

埋まってるの図(全員こんなんばっかりでした)
aP1040752.jpg

なんだかんだとガツガツ滑ってるうちに、だんだんスキー場の構造がわかりはじめ、
そして皆が焦ってない理由もわかりはじめ。(笑)
なにしろ、スキー場のパウダーゾーンにたいして人数が少なすぎて、
これは昼ごはん食べてもまだパウダー残ってるぞ状態なのです。

なので私たちも途中のんびり休憩したり、私は板をノベンバーからゲンテンに替えたりとか。
トイレ行ったりのんびりしたりしても、誰にも食われず残ってるパウダー。
最高ですヽ(^o^)丿

板の上の雪に注目w
aP1040753.jpg

重パウですがスプレーあがっちゃう。
aP1040754.jpg


だんだん日が差してきて視界が良くなってきたのはいいのですが、
気温も上がってきてだんだん雪が腐ってきました。
だけどついつい非圧雪を求めてだんだん森の奥深く突入してみたりとか。

また埋まってるw
aP1040759.jpg


ここは本当に中も外も最低限のコース制限しかしてないので、ツリーランし放題。
夕方の最後の1本では私は調子に乗って「新規コース開拓」などと称して、
ついには田んぼと思しき平地につっこんでしまい、板を外して歩くハメにw
それほど自由なラインで滑れるところでした。(コース外を示すロープ等ありません)

杉の林の中では杉花粉がもう飛んでいるらしく、急激にストップ雪になって板が止まったり、
谷に当てこんだり、穴に落ちそうになって急激回避したり、
自然地形のままに、思う存分滑らせてもらいました。
もちろんライン取りは自己責任なので板を脱いだ数数え切れずw

春雪だったのですぐに雪がダメになってしまったけど、
ここはシーズン真っ最中に絶対また来たいよね!と、
硬く3人で誓いあったのでした♪

ご飯もおいしかったし、水もおいしいし。
aP1040765.jpg

トイレもきれいでウォッシュレットだしw(トイレきれいなのは重要w)

いやはや、驚きました。
どうもありがとうございました。堪能させていただきました。
また来ます♪
御一緒していただいたMちゃん夫妻、ありがとうヽ(^o^)丿

PS:現在ビデオ作成中ですが時間かかりそうなので記事だけ先UPいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。