2011/02/26

朝日岳~茶臼岳(厳冬期)

土曜日に日帰りで那須連峰に行ってきました。


5時半ごろ都内を出発。
東北道で那須ICまで。
那須湯本は大丸(オオマル)の公共Pに車を停めたのが8時半位。
車が揺れるほどの風に完全に戦意喪失しながらもシブシブと準備。

大丸Pにはきれいなトイレ(紙もあり)があって、
その前には登山ポストがありますが、
用紙や鉛筆類は風で飛ばされたのか無くなっていました。

9時頃、やっとこさ出発して、まずはロープウェイ山麓駅を目指します。

その途中、私を追い抜いて行った、すらっとした健脚の男性がいました。
実はこの人こそが、この日、私をガイドしながら一緒に登って下さることとなる
「那須の師匠」(と勝手に命名)ことNさんだったのでした。
しかしこの時点ではまだそんな展開になるとはわかってないので、
私の頭の中には「青い上着と赤ザックの人=青赤氏」の印象でインプットされましたw


ロープウェイ山麓駅到着。
ロープウェイは冬は動いてないらしい。
その先に峠の茶屋がありますが、これも閉鎖中。

峠の茶屋の先の登山指導所には登山ポスト+登山届の用紙、鉛筆も備えてありました。

峠の茶屋からは茶臼岳への直登の足跡があったものの、
登山ルート通り、峰の茶屋に向かって登山道を歩いて行きます。


すると、神社の橋を渡るあたりで、2名降りてきた。
「早いですねえ」というと

「すぐ上の稜線で敗退してきた」という。

なんでも、風で飛ばされて全く歩けないらしい。


まじっすか!?Σ(゚Д゚)


まあとりあえずそこまで行ってみよう。
ダメなら温泉温泉♪

すると、その上のちょっと上がったところで、
今度はソロの女性とすれ違う。

「どこまで行きました?」と聞くと、

避難小屋まで決死の覚悟で行ったがそこで敗退。とのこと。

この方は何度も那須に来てるらしく、
今日の風は異常!ありえん!と言われました。


そこまではアイゼンをつけないで歩いてたのですが、
3人もの人がそんなことを言うならこりゃ本物だろう、と。

飛ばされるのが怖いので、急遽アイゼンを装着し、
いつでも耐風姿勢をとれるようにピッケルも出してきました。


そして上の稜線に向かって登ってると、また2人組が降りてきた。

避難小屋手前300mまで這って行ったが敗退。らしい。


こりゃもう今日は避難小屋まで行ったらヨシとしよう、と覚悟を決める。
そのあとは温泉温泉♪

そして稜線に登ってみれば、確かにすごい風だ。

風に交じって時折小石や砂利が飛んでくる

できればゴーグルがほしい。(ザックの中にはあったが装着してなかった)
左目に何か砂が入ったみたいで痛い。
が、歩けなくはないから、まあ風速20mといったところか。

一人追い抜いてさらに歩いていくと、さっきの青赤氏がいた。
どうやら、先ほどの茶臼への直登のトレースは彼だったらしく、
茶臼を直登していたが、あまりの風に飛ばされそうになって、
一般ルートに降りてきた、とのこと。

とりあえず避難小屋目指して行くことになった。
青赤氏はやたらと詳しいので、頼りになる。

小屋手前の最後のトラバースのところが、小屋手前としては最大難所らしい。

風が休まず吹きつけてくるから一気に渡りきれ
との指示。

aDSC00079.jpg

了解!って、渡り始めたけど、まぁそりゃすごい風でのトラバース。
雪がいい感じで締まってて、アイゼンも効いてるし、ピッケルも刺さるからいいけど、
シャリシャリに緩んでたり、ブルーアイスだったりすると、こりゃ~ちょっと怖いなぁ。

そして、ヨレヨレになって小屋前にたどり着き、小屋の風下で一息つく。
息できないぐらいの強い風なので、文字通り、一息つく感じ。w

いや~、那須、侮るなかれ。
(写真はまるで春山に見えるかもしれませんが、雪がないのには2つの理由があります。
風が強くて飛ばされるのと、活火山のため地熱があり、地面に接した側から融けてくるためです)

テルモスのお湯を飲みつつ皆さんの話を聞いてると、

「風、今日はまだ大したことない」だそうで。(笑)

普段どんだけ風強いねん!ヽ(`Д´)

しかし、皆さん「大したことない」わりに、弱気なのかw、
茶臼に行く人ばかりで、朝日岳方面に向かおうという人がいない。

茶臼岳。山肌に穴が至るところにあいてて、湯気もうもうw
aDSC00085.jpg


うーむ。どうするべ~。と思っていると、先ほどの青赤氏が、朝日岳に行くと言っている。
さっきは避難所までと思ってたけど、到着してしまえば欲が出るもんですねえ。
三本槍はムリでも私もやっぱりできれば朝日岳までは行きたい。

ということで、即席パーティ結成。
青赤氏が私を朝日岳まで連れていってくださることになりました。
なにしろ青赤氏は何度も来てるらしくやたらと詳しい。
心配していた剣ヶ峰のトラバースも、あそこは風受けないから大丈夫、と言いきってたし、
この人についていけば安心、という直感的な信頼がありました。
(普段、滅多に即席でパーティ組んだりはしないんだけど。)
(ここからは青赤氏→師匠と呼ばせていただきます。)

そして小屋から気合を入れて一気に飛び出します。
剣ヶ峰の麓の赤い看板までのわずか50m程度。
aDSC00088.jpg

ここが那須岳で死傷者が続発する最大の難所らしく、
ジェットに近い気流の通過場所らしい。
何人もそこで飛ばされて落ちてケガしたり亡くなったりしてるそう。
(風は左から右に向かって吹いている)

しかし、日頃の行いなのか、天気予報が正しいのか、
明らかに早朝に比較すると今は風が収まってきており、
途中、よろめくことはあっても、飛ばされるということはありませんでした。
よかったヽ(^o^)丿!

そのあとは、剣ヶ峰のトラバースです。
他人がトラバースしてるのを見るとすごく怖いのですが、
自分が渡ってみると、雪がしっかり締まっており、集中してるせいもあって、
あっという間に終わりました。
(しかしここ雪が緩んでたら怖いだろうなあ。。。)

この写真は、登山道の下のほうから剣ヶ峰と恵比寿大黒岩を撮ったもの。
剣ヶ峰の大きな雪面をトラバースして右に向かっていきます。
右側にある岩2つのうち、△の岩が大黒様に似てて、細長いほうが恵比寿様に似てるから、
そういう命名になったらしい。
ちなみに恵比寿様&大国様というのは、「二人あわせて招福、商売繁盛」の商い神だそう♪
aDSC00077.jpg

そして、恵比寿大国岩を右から巻いて、少し正規ルートを外してプチバリの開始。
正規ルートはもう土と岩が出まくっているので、雪の残っている斜面を使って
岩峰を巻きながら登ります。

師匠、意識してゆっくり歩いてくださってるのですが、
時折、私の呼吸を整えるために休憩をとってくださり(情けない(^_^;))
その間に写真撮影をしたり、いろんなお話を伺いました。
師匠、地元というのもあり、季節を問わず82回も那須岳に登ってるらしい。Σ(゚Д゚)
そりゃ知りつくしておられるのは当然ですヽ(^o^)丿

中でもこの朝日岳東南稜の話は実に魅力的。
よく見るとミニ(剣)源次郎尾根ぽいのですw
aDSC00094.jpg

茶臼岳。右の白いピークが剣ヶ峰。
茶臼の裾に登山道が見えます。
aDSC00093.jpg


その後は急で狭いルンゼのトラバースがいくつか続きます。
このルートのトラバースは全体的に雪の付き方が薄いせいか、
1足ずつ分の幅しかなくて、ちょっと怖い時もあります。

aDSC00111.jpg

↑↓の写真は、帰りに撮っていただいたものです。
aDSC00114.jpg

歩いてるうちに既視感に襲われたのは、このルート、阿弥陀南稜によく似てるからかもしれません。

ルンゼの巻きが終わったら、コルに突き上げるのですが、ここもプチバリで、
せっかくなので、アイシーな急雪面を直登しましょう、と。w
途中、記念に撮影してくださいました。
aDSC00095.jpg

N師匠です。
aDSC00098.jpg

コルに出たらあとはすぐ。

朝日岳山頂方面。
aDSC00102.jpg

三本槍方面。三本槍はまた来るとして、今回めちゃくちゃ惹かれたのが、奥に見える白い美しく長い雪稜を持つ山々。
aDSC00099.jpg

師匠に聞いたら、流石、大倉、三倉の三山だそうです。
これはもうBCやる人ならすごい垂涎なんではないか。
(アプローチが大変らしいけど)

そして朝日岳山頂。
aDSC00104.jpg

師匠のおかげです。
一人だったらきっと不安で茶臼だけ登って帰ってたに違いない。
ちなみに、朝日岳は茶臼に比べると難易度がだいぶ違います。
茶臼は6本爪とかでも行けるかもだけど、こっちはムリ。
ピッケルもないとダメだし、できればメットもあったほうがほんとはいい。

道中、要所要所で色々お話しながら、のんびり戻りました。
帰りは恵比寿大黒岩に寄って、大黒岩の窓から向こう側を眺めたり♪
aDSC00116.jpg

そのままハイクアップして剣ヶ峰の頂上に出て、帰りは直登ルートで降りました。

そして避難小屋でお昼ご飯。
aDSC00121.jpg

そしてそのあとはまたプチバリしながら茶臼岳へ。
aDSC00124.jpg

茶臼岳はとくに地熱が高いので、積もった雪が中から融けていて、
でも表面は風が強いので硬くウィンドクラストしていて、
結果的に、積もった雪は硬い薄いスノーブリッジみたいになってます。
中が空洞の硬い雪を踏むと、グオ~、ギコ~という独特の音がして、緊張感があります。
那須独特の音というべきなのでしょう。

夕焼けに染まる本日のルート。
剣ヶ峰から朝日岳。
そしていつか登ってみたい朝日岳東南稜♪
aDSC00125.jpg


茶臼からは今度は完全なバリルートで駐車場まで。
とてもとても楽しかったです。
久しぶりに、1歩ずつ雪質が違うのを足裏で感じられて、
5感を使って雪歩きを楽しめました。

N師匠、本当にありがとうございました♪ヽ(^o^)丿
また那須にお邪魔するときはぜひ一緒に登って下さい。
那須バリの数々、とても楽しみにしています。ヽ(^o^)丿

帰りは、源泉「鹿の湯」に寄って帰りました。
すばらしいお湯で、44度にずっと浸かってましたが、
46度は30秒しかもちませんでした。(笑)
スポンサーサイト
2011/02/19

蓼科山(厳冬期)

久しぶりに蓼科山に登ってきました。(写真はクリックで拡大)

土曜日日帰りでどっか登りに行くつもりにしていたら、
前夜、ツイッタ経由でGちゃんもどっか登りに行くつもりらしい、と。
じゃあ一緒に行こうよ~、と。(笑)

そんなこんなで前夜急に決まった土曜日の山行きは、
当初の予定では日光白根山に決定してましたが、
土曜朝の関越は、すでに入り口から渋滞しまくり。(^_^;)
それならば、と、一路西に向かって八ヶ岳へ。

ところが、美濃戸口に着くと何やら様子がおかしい。
聞けば、前日のドカ雪で、美濃戸までの道路が4WDでも通れないらしい。

ありゃりゃ~。Orz

皆は美濃戸口に車置いて歩いて行ってるみたいで、駐車場は満杯。
しかし、普段美濃戸まで車で行く私は、もうあの1時間分は歩けない。(^_^;)
しかも時間的に結構遅い(すでに8時半)ので、今回は諦めることに。


ということで、困った時の蓼科山登場♪


女神茶屋のPは、しかし意外にも混んでいて、ラッキーにも最後の1台で停められました。


支度をして出発。
最初はあまり天気がよくありませんでした。

昨日はかなり降ったらしい。
ラッセル済みなのでラクチンですが、最初の人は大変だっただろうなぁ。

aDSC00005.jpg

このまま行くとアイゼンなしで登れちゃうので、
アイゼントレのために、アイゼン装着命令を出して、アイゼンをつけたら、
途端にリーダーの私がこの始末。(自爆)
(文中の写真はクリックで拡大しますが、この写真は拡大しませんw)

a77_large.jpg

Gちゃんは若くて元気なのでグイグイ登って行きます。
私は4カ月ぶりの本格登山で、しかもこの2カ月ゲレンデ滑り以外全くやっていないので
ものすごく足腰が弱っていることがわかりました。Orz

今までアイゼンを重いと感じたことなどなかったのですが、今日はアイゼンが重い。Orz

なんとか頂上に到着。(^_^;)
蓼科山、今までトレ山と称してはばからなかったのですが、やられまくりです。
いやー、こりゃいかん。

なにはともあれ、よい天気なので記念撮影♪
aDSC00044.jpg

カメラ、新しいのを試し中なのでパノラマでも撮ってみます。

南八ヶ岳、南アルプス方向
aDSC00055.jpg

北アルプス、妙高、浅間方向
aDSC00056.jpg


風が強くて寒いので、Gちゃんの頂上探検が終わったらすぐに降ります。
aDSC00060.jpg

降りてしばらく行った、風のないところで、お茶&軽食タイム。
景色を堪能しながらしばし休憩。

そしてあとは一気に降りて、、、、
最後の最後に今度は踏みぬいてこけました。(自爆)
(すでに下りから足がガクガクしていましたw)
(文中の写真はクリックで拡大しますが、この写真は拡大しませんw)
a129_large.jpg


その後、一路東京を目指し、渋滞が始まる前に帰りつくことができました。

御一緒していただいたGちゃん、ありがとう。
鍛え直して出直します。(^_^;)


2011/02/14

2010-2011のスノーボード

実は今シーズンは、新潟県某スキー場にこもっておりました。
もう下山してきているのですけど、12月から2か月こもりまして、
その間にヒマをみて20日ぐらい滑りました。

最初の頃はパウダーの時だけ狙ってナイターとか滑ってたのですが、
2011010718200000.jpg

スクール勤務というのもあって、
ふと気付くと、パウダーでもない日に、
ほかのコーチたちとまじめに基礎練をしてる自分にビックリ。w

長年ボードしてきましたが、
検定なんて受けるつもりはサラサラなく、
このトシで検定かよ~、と。
最初は笑ってたのですが、
結果的には、検定受けました、ハイ。(^_^;)
無事になんとか合格もらえました。ホッ。
まあ2級なんですけどね。w

24988779_993667182_160large.jpg


というわけで、この冬はすでに20日ぐらい滑っておりまして、
もうわりとお腹いっぱい状態ですw
なので、いまいち雪への憧れとかパウダーへの(*´д`*)ハァハァ感がないです。(^_^;)


むしろ、ドカ雪が降ると、「あぁ、クルマまた掘りだすのめんどうだな」
m_201101231613154d3bd50b36889.jpeg

とか、そういう方面に気持ちが行くことが多く、
雪国の方の苦労の片鱗がわかった感じです。

都会にいて週末ごとに通うほうが、
雪に対して純粋な思いとモチを持てるんだな、と
実感した貴重な体験でしたw



2011/02/10

ヤマケイ2010秋の山写真コンテストで優秀賞をいただきました♪

昨年10月に行った裏剱の写真を投稿してみたところ、優秀賞に選ばれました。
(ユーザー用の気楽な感じのコンテストなので、優秀賞たくさんいますw)


引用

2010年に募集をした「山の紅葉コンテスト」の優秀作品が決定しました。

今回は全部で58作品の応募がありました。
応募してくれた皆様、どうもありがとうございました。

さて、優秀作品は
▲紅葉の裏剱(カトリンさん)
▲赤黄の回廊 (清水のやまさん)
▲紅葉最高(金ちゃん)
など、全部で11作品となりました。

優秀作品の一覧は、以下URLに掲載されています。
http://cm.impress.co.jp/?4_83375_2903_19

なお、優秀作品に選ばれた皆様には、近日中に賞品の発送を行いますので、
今しばらく、お待ちいただけますよう、よろしくお願いいたします。

引用



ということだそうで、有難い限りでございます♪

掲載された作品はこちら↓
yamakei.jpg
yamakei1.jpg