2010/10/17

まったりテン泊@北沢峠(甲斐駒)

この土日は、gちゃんのマイ・テント・デビューのため、北沢峠でマッタリしてきました。
女2人の気の張らない、いい感じの旅でした♪

土曜日
朝5時すぎ、都内某所でピックアップ。
中央道で白根IC経由、芦安へ。
芦安発7時40分のバスに乗って広河原へ。
夏と違い、バスの本数も少なく、駐車場もわりと空いてた。
8時50分、広河原到着、9時10分の北沢峠行きシャトルバスに乗る。
9時40分頃、北沢峠到着。

気温は8度
aP1040217.jpg


テン場でテント設営後、gちゃんだけ仙丈ケ岳へ。
私は疲れと体調不良のため、この日はブラブラ散歩したのち、昼寝。
後から思うとこの日はMさんたちが黒戸尾根から甲斐駒に登ってきていたらしい。
残念。順番入れ変えればよかった。

付近をお散歩して秋を堪能。
aP1040224.jpg
aP1040241.jpg
aP1040250.jpg

北岳さま
aP1040234.jpg

テン場から見上げる甲斐駒摩利支天
aP1040253.jpg


gちゃん、足が速いので、CTより2時間早く下山してきました。
テン場でまったりしながら夕飯を作ったり、喋ったり。

実は私たち、ゴアライターズwなんです。 
旧型ゴアライトですが、その中でも新旧がありw、フライのロゴが違いますw (写真提供gちゃん)
a95_large.jpg

アホな記念撮影とかも撮影しましたw
(結構難しいです、これ。10秒でテントに戻ってテント閉めるのってw)
aP1040255.jpg

飲むには絶好のチャンスだったのですけど、私は体調悪くて飲めず。

さて、その晩。
先日の裏剣が妙に暑かったせいか、どうもカンが狂ってしまい、
かなりなめた装備で来てしまった私。(^_^;)
羽毛の上は持ってきたけど下は持ってこなかったし(タイツはあったが)
ヒートテックは持ってきたけどフリース持ってこなかったし。
というわけで、夜は結構寒い思いをしました。
気温最低で0度ぐらい。
足元が冷える(私のサーマレストはショートサイズ)のをすっかり忘れていて、
結局カイロを3枚持ってたので、腰に1枚、足先に1枚ずつ貼ってなんとかしのぎました。

裏剣では1テンで2人でしたが、一人テン泊は寒いんだということを肝に銘じたいと思います。
つか、10月連休から先のアルプスは、寒がりの自分の場合は、
常に羽毛の上下+ヒートテック上下+フリースの上も必要、足元マットも必要で、
カイロも多めに持ってくるという鉄則を忘れないようにしないと。


日曜日
4時起床、5時3分出発。
体調も何とかなりそうなんで、甲斐駒に一緒に登ることに。
gちゃん先頭でいいペースで上がって行きます。
彼女はフットワークがよく、とてもバランス感覚がいいので安心して見てられる、、、
どころか、要所要所で置いていかれてしまう。(^_^;)
aP1040268.jpg

途中会った人を全員ぶち抜きつつ仙水峠経由で登ったのですが、
駒津峰のテッペンまであと30分位のところで彼女に先行してもらうことに。

お天気は残念ながらあんまりよくありません。
aP1040277.jpg

駒津峰からは彼女は直登ルートを、私は巻き道ルートを通って山頂で合流。
巻き道の山頂直下で、犬連れガイジンに会う。
aP1040281.jpg

山頂で合流♪
到着タイムには7分の差がありました。(^_^;)

お天気今一つですが山はハッキリ見えています。
aP1040286.jpg

北ア北部はうっすら雪化粧をしているようでした。
aP1040288.jpg

あまり天気が良くなくて風が冷たいので、早めに切り上げて下山開始。
摩利支天に登り(gちゃんだけ)、直登ルートで北沢峠へ戻ります。

下のほうに行くと紅葉が楽しめます♪
aP1040301.jpg

あっという間に下山してきた北沢峠では、目の前に幻のバスが。
時刻表にはない広河原行きバスで、なぜだかお客が乗ってます。
臨時バスの案内はどこにも書いてなく、gちゃんが運転手に聞いたところでは
「はい、臨時バスですが、なにか?」みたいな感じで一切説明なし。
この時間に臨時バスが出るってわかってればもう少し早く降りてきたのに!!
と、すごく悔しく思ったのですが、バスは行ってしまいました。(´・ω・`)ショボーン
次のバスは2時間後の定刻13時5分までないんだそうな。

ま、そうなりゃそうで、予定通りのんびりマッタリ撤収開始。
テン場に戻ってコーヒーを沸かしたりしてノンビリと撤収しました。
(写真提供gちゃん)
a92_large.jpg

定刻の13時5分のバスは2台にビッシリ。(観光客が多かった)
広河原についたらすぐに乗り合いタクシーが待ちかまえてて、間髪いれずに出発。
バスより早く芦安に到着して、すぐに着替えだけして一路東京へ。

この時間ですでに15km渋滞が出ていましたが、自宅到着は18時位で、
中央道にしてはマシな渋滞だったのでOKとします。w

ご一緒していただいたgちゃん、ありがとうございました♪
楽しかったです。また一緒に行こうね♪

タイム
05:03 駒仙小屋テン場発
05:32 仙水小屋
05:57 仙水峠
07:07 駒津峰
08:07 山頂
09:34 (摩利支天経由)駒津峰
10:03 双児山
11:04 北沢峠
スポンサーサイト
2010/10/14

紅葉の裏剱(5)完

翌朝、4時半起きで撤収開始、6時すぎ出発。
水平歩道をトボトボと歩き続けました。
この道、ほんとに長いです。合計11.6kmでCT5時間半って。。。
aP1040182.jpg

手掘りのトンネルとか。
aP1040187.jpg

対岸には日本最大級の壁(クライマーの聖地)奥鐘山西壁があったりとか。
aP1040189.jpg

とくに欅平の音(トロッコ列車の汽笛とか、出発アナウンスとか)が聞こえてきてからが長く感じます。
が、ひたすらもくもくと歩いて、11時23分、欅平到着。

駅にあったこの看板にはワロタ。
aP1040190.jpg
どうやればこういう英語になるのか。www


今回は時間がたっぷりあるので黒薙で温泉(宇奈月とかの源泉)に入ろうと思っていたのですが、
駅のチケット販売のおねーちゃんにスゲないことをいわれる。
いわく、黒薙行くのは簡単だけど、帰りの列車はそう簡単には乗れませんよ、と。
これから登ってくる列車はほとんど満席だから、下りで空席見つけるの大変ですよ。
お2人でも、最悪、列車別になる可能性もあるし、まあ終電には乗れると思いますけど~。と。
しかも、タイミングが悪く、黒薙に行く電車がこれから1時間半後の便までないという。Orz

なので、今回は素直に諦めて、欅平で温泉に入ることにしました。
ちゅうことで、欅平の一番近い猿飛温泉に入りに。
aP1040197.jpg

700円は少々高いが、源泉かけ流しだし、駅から近い(駅の真下)なのがいいです。
aP1040194.jpg

温泉は2人で貸し切りでした♪
aP1040193.jpg

男子風呂を覗いてみた。(笑)<男子だれもいなかったのでw
aP1040196.jpg


温泉の後、予約しておいた時間の列車に乗って宇奈月に降りて、
aP1040198.jpg

お腹がすいたので、食堂に入って白エビ天丼とかマス寿司とか食べてると、
aP1040203.jpg

昨日の山友たちが通りかかった!
聞けば彼女らは私たちより20分前の列車に乗って黒薙で温泉に入ってきたらしい。
くーーーーーーー、くやしい!
が、しょうがない。また来年来いという剱のお招きなのでしょう。(^_^;)

立山駅に停めた車を回収に行く彼女らと寺田駅で別れたあと、
私たちは富山駅に到着して、コインロッカーに荷物を預ける。
お互い23時台のバスで去るので、これから富山のキトキトを肴に飲もうという寸法です。
平日のバス利用ならではの贅沢です♪

1軒目は駅から少し歩いたところにある、こじゃれた感じの飲み屋さんに行きました。

イカのおつくり
aP1040204.jpg

名前なんだっけ。沖メバルなんだけど。
aP1040205.jpg

イカの黒作り。これはおいしいですねえ。
aP1040206.jpg

そして2軒目は、駅前で声をかけてくれたオジイサンに紹介されたお店に行きました。
最初からこの店に直行すればよかったと思ったぐらいの大当たりヽ(^o^)丿で、
頼んだお刺身は数種類、いずれも富山じゃないと食べられないで、しかも安い!

aP1040208.jpg

もっと色々メニューがあったので、最初からあのオジイサンを信じればよかった、と。
いや、でもこれを機に絶対また来ます!!!富山に来た時は絶対寄ります!と。
ほとんど涙目になりながら、店のオカアサンとお別れをして、駅前に向かったのでした。
そしてお互い、23時台発のバスで各自の地元へ。

こうして、2泊3日とは思えない、盛りだくさんな、非常に充実した大満足の旅が終わったのでした。

ご一緒してくださったMさん、ありがとうございました。ヽ(^o^)丿
途中、真砂沢でお土産をくれたTちゃん、ありがとう!
途中、旅は道連れになって言葉を交わした皆さまにもお礼申し上げます。
また来年も行きたいなぁ。
晴れた、人の少ない、時間のたっぷりある時に、今度こそ仙人温泉と黒薙混浴だー。ヽ(^o^)丿(笑)

長々読んでくださいました読者の皆さまもありがとうございました。<(_ _)>
2010/10/13

紅葉の裏剱(4)

あっという間に池の平の分岐へ。
aP1040120.jpg

池の平は次回にテン泊する時に訪れることにして、仙人池に向かいました。
仙人池ヒュッテの営業も今日まで。
さっそく池に向かいましたが、あいにくの雲が。。。
aP1040135.jpg

でも、風がない日だったので、鏡のように裏剱が映し出される様を堪能できました。
これはもう絶対泊まりで来ないと!!ヽ(^o^)丿
aP1040138.jpg

名物ばあちゃんの静代さんはお元気そうで、
背筋がピーンと伸びていらっしゃるのが印象的。
帰り際、「お気をつけて」と声をかけていただきました。
ありがとうございます。<(_ _)>

仙人池を後にして、仙人温泉に向かって下ります。
このルートの全般に対して言えるのですが、あまり足場がよくありません。
北アゴールデンルートばかり行ってると、
丁寧に作られた足場&登山道に慣れてしまって、
どうも感覚が鈍ってしまったような感じです。

近所の人気(ひとけ)のない里山。
まさにそんな感じの木の根道だったり、ガレてたり、ザレてたりします。
ようするに、CTを簡単には縮められない。
そういう感じのルートです。
先日行った霞沢岳みたいな感じ。

谷をどんどん降りていくと、仙人温泉の源泉から上がる湯気が見えてきました。
aP1040144.jpg

そしてほどなく仙人温泉到着。
aP1040145.jpg

想像してた時間よりも到着が早かったので、温泉に入ろうということになり、
靴まで脱いで、小屋をノックすると、
「営業終了。温泉も終了。悪いけど帰ってくれ」と断られてしまいました。(^_^;)
ちょっとがっかりしながらも、阿曽原温泉でたくさん入ればいいや、と、先を急ぐことにします。

川の対岸に渡ると、そこには仙人温泉の源泉が。
aP1040155.jpg

これがまた面白くて、沢の上部に温泉が湧いていて、
これが90度ぐらいの熱そうな源泉なんです。
湯船に見えるけど入ったら即死しそうな熱さ。(^_^;)
aP1040152.jpg

それが沢の下部に流れてくるにつれ、適温になっていて、ちょうどいい足湯に!
ということで、時間もあるし、足湯大会♪
aP1040153.jpg

もしももっと時間があったら、私は間違いなく湯船を掘っていたと思いますw
それぐらいいいお湯だった♪

しばらく足湯で遊んだあと、また阿曽原温泉に向けて下りはじめます。

・・・が、このルートがうんざりするほどの木の根道の急降下で。。。
かなり精神的にやられました。(笑)
でも、先日ダウラギリで起きた雪崩で行方不明になってる、
昨年まで阿曽原温泉小屋勤務だった山本さんが整備してくれたルートです。
そう思えば、文句も出ません。

もくもくと降りていき、最後に仙人ダムに到着した時は、
正直、魂を抜かれた状態でした。(笑)

最後、ダムに向かって急降下のこのハシゴはちょっと怖い。
落ちたら湖まっさかさまで、ザックが重くて浮いてこれなさそう。。。
aP1040166.jpg

力が抜けてしまい、ダムサイドでヘラヘラと休憩していると、
aP1040168.jpg

目の前に見たことのある人が。。。
なんと、Nさんと、そのお友達のYちゃんでした。
同じ日程で下の廊下を歩いてるから阿曽原で会うかもというのは聞いてたのですが、
まさかこんなところで会うとは!

おおいに盛り上がり、その場で長いこと立ち話をしました。
そして彼らを先に見送り、もう少し休憩してから、我々も出発。

ちなみに仙人ダムにも猿の群れがいてオス猿が威嚇してきたので、威嚇し返しました。w
ダムの通路の貼り紙。小動物とは、猿も含まれるのでしょうか。
aP1040171.jpg

そしてこの熊避けのドアも健在です。
いやでもほんとに今年は熊臭ハンパじゃなかったもんな~。
aP1040176.jpg

そしてそこからは1時間。
前回下の廊下を歩いた時に驚愕した最後の登りも、
今回は予めわかってたのでたいして負担には思わず。
なんとか阿曽原温泉小屋に到着。15時。
aP1040177.jpg

テン泊料500円+温泉料500円を支払い、早速テント設営。
連休と違い、テン場もガラガラです。
阿曽原温泉の温泉は1時間で男女交替になるのですが、
この時間帯、たまたま女子の時間だったので、早速お風呂へGO!

aP1040179.jpg

お風呂では、先ほどダムで追越して行った山友2人とも再会できました。
本当にここお風呂はいいお湯で、まさにゆったりと生き返る気分。
昨年に比べてぬるい気がしたのは水の量が多かったからなのかな。

戻ってきて、ビールで乾杯ヽ(^o^)丿
昨晩はお酒がなかったのでこれまた嬉しい。(笑)
aP1040180.jpg

隣のテントの山ガール(実はバリバリのクライマー)と話をしつつ、ご飯を食べました。
2時間後、再度女子風呂タイムになったので、寝る前のひと風呂を浴びに行き、就寝。
明日はいよいよ下山です。

(つづく)
2010/10/13

紅葉の裏剱(3)

2日目

午前4時起床。

どうやら、音はしないけど霧雨程度、の雨が夜中に降ったらしく、
フライがグショグショになっていました。
暗い中でご飯を食べて撤収。
熊は来なかったようで、ザックは無事でした。(ホッ)
5時半出発。

今日は二股から仙人池→仙人温泉→雲切新道→仙人ダム→阿曽原温泉
という長いルート。
気を引き締めて行きます。

二股の河原から急登。
昨晩抜かしていったあの2人組がどこにビバークしたのかが気になってました。
かなり急な登山道をグイグイ標高をあげていくと、ついに稜線に乗っかり、
その稜線に乗っかるところが広くなっていて、彼らはビバークしていました。
そこからは裏剣が一望できるので、ぜひ今度はここに、などと考える。
aP1040072.jpg

しかし、その直後降りてくる人いわく、
「先ほどそこで熊の親子連れに会ったので気をつけてください。
昨日の熊事件はご存じですよね」とのことでした。
昨日の熊事件については、真砂沢の友人から聞いていました。
チンネを登った帰りに熊と出会い、頭はヘルメットのおかげで無事だったが
お尻を引っ掻かれた。しかし自力下山て仙人温泉に泊まった、という情報でした。

というわけで、この稜線に泊まるのは熊遭遇率が限りなく高いので辞めておこう。

そこから先はチンネとかニードルとか、
ここに来なければ絶対に見ることのできないクライマーの聖地を眺めながら、
さらにそれを彩る極彩色の錦の色に驚愕と感嘆の声をあげながらの
忘れることのできないすばらしい道行きとなりました。
aP1040078.jpg

似たようなアングルばかりですが、一歩登るたびに見惚れてしまい、足が進みません。
aP1040087.jpg

ナナカマドに雨の水滴が宝石のように
aP1040090.jpg

ズームしてみた。フランスのドリューみたいだ。
aP1040094.jpg

だいぶ進んで景色が少しずつ変わってきました。
aP1040097.jpg

つい左ばかり見ちゃうけど、登山道もこの美しさ。
aP1040103.jpg

そして右には後立山連峰が。シルエットは鹿島槍。
aP1040105.jpg

ついに仙人池ヒュッテが見えました。
aP1040107.jpg

足元を見ればなんて深紅(まっか)なチングルマ
aP1040110.jpg

紅葉の裏剱、すばらしい。これを攀じろうとは思わないけど、
生きてる間に自分の目で見ることができて本当に良かった。
aP1040118.jpg

このように、この稜線歩きは実にすばらしいものとなりました。
長年の夢だっただけに、感慨もひとしお。


(つづく)
2010/10/12

紅葉の裏剱(2)

そんなこんなで左手に剱を観ながら下って行きます。
aP1040028.jpg

aP1040030.jpg

別山からの尾根を見上げると空は真っ青。
aP1040037.jpg

チングルマのハッパの真っ赤な紅葉♪
aP1040039.jpg

そして源次郎尾根。
aP1040042.jpg

景色はすごいのですが、足元はガレガレなので要注意。
雪があったほうが圧倒的に楽ですね。(^_^;)
足運びがめんどうくさいです。
だけど左手の剱側の景色がすごくて、飽きないで歩けました。

そしてついに行く手に雪渓が出てきて、雪渓を下ります。

時折クレバスがあります
aP1040048.jpg

県警情報ではアイゼン必携とあったが、ぶっちゃけ要りません。
aP1040049.jpg

後から追い付いてきた女子一名も含めて、誰もアイゼンなんて使わなかった。
aP1040052.jpg

ただしこれはこの日限りの情報であり、特に雪に慣れてない人は雪渓はなめたらアカンです。
aP1040053.jpg

そんなこんなで、いい加減ウンザリしてきたころ
(巻き道がイヤで雪渓直進しようとするとクレバスやスノーブリッジに阻まれ、
また巻き道に登りなおしとかw)やっと真砂沢の小屋が見えてきました。
aP1040054.jpg

真砂沢の小屋には山友達が居ます。
到着してすぐに小屋主の(佐伯)マサシさんが出てきて、少し話しました。
真砂沢に泊まるより、少し進んで二股に泊まったほうがいいのでは
と思ってたので相談してみるとそうしなさいと言われる。
二股の橋は明日外されてしまうし、
明日の予定行動時間はCTで8時間半。
真砂沢の小屋は小屋閉めで、もう水も出ないし、トイレもなくなっちゃってるので、
二股でビバークするのと条件は同じ。
ならば明るいうちに進もうと。
マサシさんのお墨付き?があれば怖くありません。

話が終わってから、友人を探すと、居ましたいました!
久しぶりにみたあのステキな笑顔で働いてました。
aP1040055.jpg

短い時間だったけど、いろんな話をした気がする。
泊まらないのを残念がられたけど、進む理由もわかってくれた。
お土産にインスタントコーヒーを持っていったら、
お礼に缶詰の牛乳をくれました。ありがとう♪

話は尽きないけど時間もあるので切り上げて真砂沢を出発。
ここも決して歩きやすいルートではないですが、
彼女に元気をもらったみたいで、私もMさんも軽やかに進みました。
そして一時間ぐらいで無事に二股に到着。
aP1040062.jpg

橋手前の砂地にテントを張りました。
aP1040064.jpg

そしてご飯を作ろうという時に、例の「旅は道連れ」のパーティが通過。
まだ先を行くというので、もうすぐ日が暮れるし、どこでビバークするんだろう、
と思いつつ、お気をつけて、と見送りました。

ご飯を作ってる間に夕闇が。
そしてパラパラと雨が来たので、晩ご飯後すぐにテントに入って寝ました。
今回は私のテント(ゴアライト1-2人用)に2人で入ってます。
女子2名なら余裕。荷物と靴はもちろん濡れないようにくるんでから外に放置ですが。

真砂沢の小屋で「クライマーがチンネからの下山中に熊と遭遇して噛まれた」
という情報を得たので、少し緊張しました。
北海道のヒグマ対策でで得た知識で、食料とゴミ類はすべて密封して
テントから離れた場所に置いたザックの中に入れておきました。
できれば密封容器がほしかったけどそんなものはさすがに持ってないし。

ということで、少々不安ながらも、前日のバスの睡眠不足もあって、
2人ともすぐに落ちてガッツリ寝たようでした。

(つづく)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。