2009/05/31

源次郎沢(丹沢)

ネットの仲間と丹沢の源次郎沢に行ってきました。

miniP1010192.jpg

2日連続で雨が降ってたので、いい感じで増水していてワクワク状態!

miniP1010208.jpg

人数の多い山行でしたが、源次郎は完全貸切状態で、
後続を気にすることなくゆっくりと登れました。

miniP1010214.jpg

F4,F5,F9(チョックストーン)のうち、
F4,F5はユマールを使って登りました。
F9はなんとフリーソロで登ってしまいましたが、
雨に濡れてて滑りやすく、2ヶ所ですが悪いところがあったので
結構ドキドキしました。(笑)

ユマールを沢で使うとは思わなかったのですが、
(人数が多いため時間短縮のため使用)
プルージックに比べて動かしやすく、
誰にでも構造が理解しやすいのが長所だと思いました。
ただ、慣れないとすぐにユマールをおいてけぼりにしちゃうので(笑)
そのへんが難しかったです。

あと、今日はエイト環によるビレイを教えてもらいました。
たしかにエイト環は便利だなぁと思いました。

miniP1010224.jpg

全般的に今日ものすごく面白く感じたのは、
増水してたからかなぁ?
すごい落差の滝があるわけじゃないのですが、
なんか今日は大満足で、登攀意欲も意外に満たされて、
かなーりゴキゲンで帰ってきました。(^^)

miniP1010234.jpg

※今日見たイキモノ
ヒル(たくさん)
がまがえる(2匹)
スズメバチ(1匹)

ヒルにやられる人続出で、ヤマビルジェット大活躍でした。
でも最後に見つけた巨大ヒルは、塩をかけたところ、あっけなく死亡。
意外に塩、イケてるので、今度から塩も持参しようと思います。

※次回持参するものは、塩とブラシ(靴洗うための)


帰りは鶴巻温泉で一風呂あびてビールを飲んで帰宅。
小田急の中では全員1列に座って大爆睡舟漕ぎ大会でした。w

大人数のパーティを率いてくださったCL、SLのお二人、
本当にありがとうございました。m(__)m
スポンサーサイト
2009/05/30

土曜日PUMP1

外岩に行く予定が雨で中止。

朝一番にPUMP1に行くと、
すでにもう駐車場は満杯。
ルートエリアは大混雑でした。(;・∀・)

しかし、それにも負けずに登りまくりました。(笑)
10時半に到着してから17時半に帰るまで、
10数本登ってると思います。
もういちいち思い出せないけど、(今度からノートがいるなあ)
ご一緒させていただいた、Uさん、nさん、ありがとうございました。

今日の記憶に残ってるところとしては、

ほこら右の白■の10c、惜しいところで1テンしてしまったけど、
あれならいける、と思ったので次回RP目指します。
足のスタンスを1つ忘れたのがいけなかった。・゚・(つД`)・゚・

ウェーブの10B黒矢印、今回もまたゴール前で1テン。
心の筋肉、足りてません。・゚・(つД`)・゚・

ウェーブの10Aキッズ用足自由課題。山竹先生が作ったのに、
あまりにも悪すぎってか、ぜんぜん気持ちよくない。(;´Д`)
舐めてかかったせいで1テン。(;´Д`)
それを自発的に足ゲンにしてnさんが登ってめちゃ面白かったです。

ダイヤモンド10A緑スラッシュだったか。
なぜか1テンしますた。(;´Д`)
10Aでテンションコールかけるのは屈辱です。(苦笑)

富士山右の10ABの課題。面白かったけど、たしか1テンしたような?(・_・")?
ああそうだ、足の赤ホールド見逃してたんでした。
でもこれは次回簡単に落せそう。

ほかにダイヤモンド5.9はじめてやって当然OS。

富士山10A緑足自由でRP。

ほかにもいくつかやったと思うけど、忘れました。
最後に、スラブの10Bりんさんの課題を。
これ好きなんです、イヤな汗をかくけど。
無事RP。

とまあ、そういう感じで、オニ登りでした。(笑)
nさんがSで、とにかくどんどん本数を、というので、
いつものUさんとのマッタリパターンではなく、
今日はめちゃ激しく登りまくりでした。w

ご一緒していただいた、Uさん、nさん、ありがとうございました。(^^)
2009/05/28

木パン(木曜パンワン)

今日はコミュの練習会がP1であったので、
昨日に続いて行きました。

今日は6名で練習しましたが、
私はどこ登ったかといえば、
ダイヤモンドの最近39ちゃんが作った10B
(ちまたでは10Bより難しいといわれててグレードが変わる可能性あり)を2回。
1回目は3テン。(;´Д`)
2回目は2テン。(;´Д`)
RPは程遠い感じです。_| ̄|○

富士山左の10ABの茶色スラッシュをオブザベなしで登ったら、
あっちこっちに行くルートで、どえらく大変でした。(笑)
さすがにそれは意地でOSしましたが。

次に富士山の10B深緑スラッシュを2テン。(;´Д`)

最後にダイヤモンドの10A(色忘れた)を。
しかし10Aなのに1テンしてしまった。_| ̄|○

全般的にヨレヨレ。(;´Д`)
昨日の疲れが残ってるらしい。


で、今日は、Mちゃんがすごかった。
動きが軽やかで敏捷。
そして天性のカンとセンスがある。
これは、多分天才の部類かと、まじめに思いました。
これからはどんどん互角に登っていけると思う。
数ヶ月で抜かれるかも。((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル


そして、今日、重い男性をビレイしていたら、
ありえないカタチ(頭が下になって)で落下され、
その衝撃で壁に跳ねつけられたので壁を蹴ったら
左足首をまた激しく捻挫してしまった。_| ̄|○

もうダメポ。。。・゚・(つД`)・゚・

やっぱさ。クライミングやる人は体重落とさないとダメだよ。・゚・(つД`)・゚・
てか、あまり体重差がある男性をビレイするのは
お互い危険なので辞めようと思いました。(´・ω・`)

2009/05/27

レベルアップ講習(最終回)

昨日は、最後のレベルアップ講習でした。
3ヶ月間、全12回の講習のうち、行けたのが8回。
ちょっと歩留まりが悪かったけど、最高の先生に最高のメンバーでした。

前半はボルダー。
なので遅れて行ったのですが、その時やってた課題の
足自由課題はオンサイトでさっくり落とせました。
同じやつの足限になるとさすがにちょっと厳しくて、
思わず本気トライしそうになりましたが、
皆に「やめといたほうがいい」と言われ、冷静に。(笑)

あ~早くボル全開で打ち込みたい。・゚・(つД`)・゚・

さて、ロープエリアに移動して、今日は何しよっかな、とか思ってたら、
なんと、リンさんによる卒業課題が用意されていたのでした。
富士山の部屋の3面を使うウルトラロング持久系の11Bレベルです。
しかも、コンペ形式で競い、落ちたりテンションしたら、そこでおしまい、
の、サドンデス方式。(;・∀・)

まずは、昔のスクール生のかんちゃんが見本ですんなりRPします。
続いて講習メンバーが続けて登ります。
まずSさん(長身男子)。
1面クリア、2面にあるクロスアンダーの核心もクリアして3面目に突入、、、
かと思いきや、3面目のボテで落ちてしまいました。
惜しい!

続いて講習に途中から参加したCさん。(女性)
山岳ガイドであり、スキーやボードのイントラの資格も持ってる
マルチでスーパーな人だけあって、さっくりとゴール手前まで行きましたが、
あろうことか、ゴールに手がかかった瞬間、滑っておちた。 Σ(゚Д゚)
しかし彼女は暫定1位。

続いて左足の半月板をやっちゃった「ハヤシ病棟」の仲間、Aさん。(女性)
2面目にあるアンダー+クロスのところで左足に負荷がかけられず苦戦し、
力尽きて落ちる。。。
自分もそうなりそうなヨカンがしました。
左足に乗り込めないなら、左足を切るしかないのですが、
難しそうだ。。。(´・ω・`)

続いて、山岳会で外岩バリバリやってるSさん。(女性)
同じく2面目のアンダー+クロスの核心で剥がされて落ちる。。。

続いて、昔「明星」の表紙に載ったことがあるという、Nさん。(男性)
さわやかな笑顔のまま2面目のその核心まで行きましたが、
やはり同じ場所で剥がれる。。。

そして自分の番でした。
核心まではすんなり行って、核心で、色々やってはみたものの、
やはり左足には乗り込めず、剥がされそうになり、
あれやこれやで揉んでいるうちに手が張ってきて、
そして最後に皆の声援を受けて反対の足を切ってみたところ、
その核心ホールドにぶら下がることは出来たのですが、次の手が出ない。
そして力尽きて落下。。。

・・・てことで、私たち4人は「団子4兄弟」になったのでした。(自爆)

続いて、今回のスクールの星であり一番うまいKさん(男性)が登ります。
見事フラッシュ!!!
すばらしかったです。ちょっとりんさんが目が赤かった気がする。

ってところで時間なのでスクールはお開きとなり、
あとは三々五々登ることに。

私は奥壁の手前むかって左側の壁(名前忘れた)の39ちゃんの10Bに挑戦。
楽勝な感じでゴールまでいけたのですが、ゴール取りが核心だったのでした。
デッドでとるには正対しすぎてて怖くて、あーでもないこーでもないと
もぞもぞやってるうちにテンションしちゃった。・゚・(つД`)・゚・
後からリンさんに聞くと、足を踏み変えてカウンターで取りに行けとのこと。
むーん。。。。
ゴール手前の焦った状態でそういうことを冷静に考えられる頭脳がほしい。
残念でした!
でも次回必ずRPしたいです。ヽ(`Д´)ノウワァン

続いて、その向い側、懸案になってる同じく39ちゃんの10B緑をやる。
これは何度もRP狙いで登ってるのですが、失敗してるやつです。
意識をその核心部だけに集中させて行ったので、
最初のほうとかかなり強引な登り方になったのですが、
無事にセオリーどおり「とばし」でゴールもとれて、RP!
ああよかった。・゚・(つД`)・゚・
これで自分的にはスクール課題終わった気がしました。ヽ(´ー`)ノ

その後、19時半から、PUMP1の常連さんである「かんちゃん」の
赤羽にある店(ショットバー)で、りんさんの送別会。

最初はこのレベルアップ講習の水曜クラスのメンバー6名でやる予定だったのですが、土曜日クラスの3名もかけつけ、さらに元レベルアップ講習メンバーとかいう人たちが続々と詰め掛けて、大賑わい。

りんさんへのプレゼントは、体脂肪計。

早速りんさんにパンイチになってもらい、
皆の前で体重計に乗ってもらったところ、
りんさんが心配するような20%超えなどなく、12.8%、
体内年齢は、なんと17歳という、すばらしい数値でした。 Σ(゚Д゚)

てなことで、大喜びのりんさんを送り出し、お開きとなりました。

まあそんな感じで、私ら講習仲間はしばらくは水曜に自主練をしましょう、ということに。
がんばろう。(・ω・)ノ
2009/05/25

弥山・双門ルート(奈良・大峰)

高速道路が1000円のうちに、いろんな山へ行ってみようシリーズです。

奈良の山奥も山奥、殺人事件なんかが起きちゃうような
(十津川警部シリーズの天川村殺人事件は隣村が舞台w)
秘境の山奥の、天然の鮎が泳いでるような沢沿いの、
破線ルートに行ってまいりました。
aP1010135.jpg

いわゆる「双門ルート」といわれるこのコースは、
日本百名瀑の1つ、双門の滝を間近に鑑賞できるルートです。
aP1010122.jpg

一言でいうと、「ミニ・黒戸尾根」な印象。

※この双門ルートは標高差が1500m近くあり、80本以上のハシゴや鎖場、岩場、渡渉の繰り返しにより構成されており、過去に死者も出ています。
ご注意下さい。


ハシゴだの橋だの色々あって
ほぼ垂直にガンガン高度を上げていくのですが、
岩やら渡渉やらもあって、完全なフィールドアスレチック状態。
ほんとにとっても楽しいルートでした。
aP1010115.jpg


到着したところはユートピアみたいなところで、
きれいなログハウスの避難小屋があって、まわりは芝生みたいな草地。
飲める水の川が目の前にあって、コケの生えた庭園みたいな丘がある。
aP1010170.jpg

ウソみたいな、夢みたいな場所でした。
aP1010164.jpg

トイレさえあれば完璧だと思うんだけどなー。
あそこで14人がトイレするんだから、相当環境に負荷かかったと思う。
てか、あんだけきれいな避難小屋作ってテン場も作ってあるならば、
トイレ設置は自治体の義務じゃないのか、と思うんだけど。。。
それだけは本当に残念でなりませんでした。(´・ω・`)


昼すぎに到着しちゃったもんだから、のんびり昼寝とかしたりして。
健脚4名がそこから30分登ったところにある小屋まで
ビール20本ぐらい買いに行ってくれたりして。w
行ってくれた4名の皆さん、本当にありがとうございました。m(__)m

で、明るいうちから宴会開始。
このメンバーなので当然鍋パーティになるわけでして。
で、みんなハラヘリだからあっという間に鍋完食!
まだ薄明るいぐらいの時間帯だったので、それからは大トランプ大会。w
山にトランプもって来る人初めてみた。www

14人でトランプなんて生まれてはじめてだ。w
ババヌキがなかなか終わらず、大盛り上がり!

トランプのあと20時すぎからは、山のまじめな話大会。
前夜ほとんど寝てない私は、そこで切り上げて、2Fのロフトへ。
一足先にオヤスミナサイ~♪


翌朝は雨。
山頂アタックはあっさり諦めて下山してきました。
帰りは一般の登山道を降りたのですが、
なかなか風情のあるよいルートでした。
秋の紅葉がきれいそうだなあ。
aP1010188.jpg

道の駅に戻って車をとってから、近くの温泉へ。
まだ12時なのであいてなくて、隣のレストランでまずゴハン。
名物のアマゴの釜飯を食べる。
2009052412430001.jpg

美味!

そして13時に温泉が開いたらそのまま温泉へGO!
温泉のあと、お開きとなりました。

私は三重の友人のところへ寄って松阪牛で焼肉大会。(笑)
しかし、松阪って脂多すぎて焼肉したらファイヤーになりすぎ。(;・∀・)
2009052417540000.jpg

その後、中央道経由で帰ったら
名古屋市内を抜けるのに余計に1600円もかかったけど、
東名よりずっと早かった。


ほんとに楽しい山歩きを楽しませてもらいました。
ルートも楽しかったし、メンツも楽しかった。
山であんだけ笑ったのは久しぶりでした。

それもこれもリーダーのMさん、SLのRちゃん、そしてJさんのおかげです。
参加者の皆さんもありがとう。(^^)
足の不安もなく快適に歩かせてもらいました。(^^)


次回は、私は沢登りであの界隈を訪れたいです。
ゴルジュだらけで泳ぎありで大変そうだけど、
本とか買って研究しちゃいそうでこわい。(笑)


※この双門ルートは標高差が1500m近くあり、80本以上のハシゴや鎖場、岩場、渡渉の繰り返しにより構成されており、過去に死者も出ています。
ご注意ください。