2009/04/29

久しぶりにPUMP1

今日は午後からPUMP1に出動しました。
レベルアップ講習があると思って行ったのですが、
祝日なので講習はないそうです。(爆)
でも、講習会メンバーのKさんとAさんを発見。

講習会とは別に今日はミクシの仲間の練習会がP1であったので、
コミュメンバー5人と顔合わせ。

それ以外にもやたらと知り合いだらけな1日でしたが、
平日常連のうまい人たちは誰も来てなくて、
みんな外岩行ったんだなぁって感じで、ジムもガラガラ。
Pが混んでるかと思って電車で行ったのに、Pもガラガラ。(爆)

そうですよねえ。休日で外は晴れてるもんねえ。(´・ω・`)


さて、練習です。

私はまだ本格的には登れないので、
コミュメンバーとか、講習会メンバーの間を渡り歩きながら?、
おもにビレイヤーとか「ガンバコール担当」の仕事を。(爆)
20本ぐらいビレイしたでしょうか。

皆にゲキを飛ばしてると、だんだんムラムラしてきたので、
TRで5本登らせてもらいました。

富士山奥(つきあたり)の赤×5.9(足限)。
富士山正面の10Aピンク(足限)を足自由で。
富士山正面の10A緑(足自由)。
富士山左の10A黄色(足限)。
富士山奥(つきあたり)の10Aピンク(新作、足自由)。

TRだとぜんぜん腕が疲れないので、何本でも登れちゃいます。
というか、足が使えず全行程フラッギングだと腕も疲れるんだけど、
この3週間しっかり休んだおかげで足がずいぶん回復し、
ある程度は使っても(左足は裸足)問題がないため、
かなり左足を使えたっていうのが大きいのでした。
やっぱ足は大事!


で、最後にどうしてもリードがしたくなって、

富士山奥(つきあたり)の赤x5.9(足限)をリードで。

やっぱ、リードになると話は違ってきます。(笑)
クリップしようと最適な体制をとると、
行程の半分ぐらいは左足荷重のスタンスが出てくる、、、

それを左足を使わずにクリップするとなると
なかなかアタマ使うというか、ああでもないこうでもないとやってて、
なんか別のゲーム(ボルダーに近い)をやってるみたいで楽しい。(笑)

で、気づいたのが、「クリップするために保持してる側の腕が張る」。

なるほど、ルートの腕の張りは、
クリップする(ロープ持ってる)側の腕の張りじゃなくて、
保持側の腕の張りなんだなぁ、って実感しました。

張らなくするためにはいかに早くクリップするか。
いかに保持時に最適な持ち方するか。
ってことですかねえ。
色々勉強になった1日でした。

ところで、PUMP1には現在、私のほかに左膝の負傷者が2名いるそうな。
私と同じ講習メンバーのAさん(ボルダーの着地失敗で半月板)、
そして、スタッフの角田君(外岩着地失敗により脛骨骨頭を損壊)です。

全員左足なので、「チーム半月板」とか「チーム左足」とか言われ、
昨日は3人勢ぞろいして膝見せてました。w
そのうちの2人の負傷者を出したリンさんの講習は「ハヤシ病棟」という別名が。(笑)

それにしても、角田君は全日本に出るようなレベルの高い子ですが、
片足なくても全行程フラッギングで12台(リード)を登ってるから恐ろしい。 ( ゚Д゚)ポカーン
聞けば「ボルダーでパワー系練習した成果です」て言ってたが、
君、片足なくても十分いけるじゃん。。。

Aさんも全行程フラッギングで10A(こちらはTR)登ってたし、
負傷時には負傷時の練習方法というものがあるんだな、と。
やはり努力は辞めてはいけないのですね。
私ももっとフラッギングの練習しなくちゃ。。。


ってわけで、ジムに5時間も居たわけですが、
大満足な1日で、大ゴキゲンで帰ってきました。\(^o^)/
やっぱクライミングは超楽しいです。\(^o^)/
スポンサーサイト
2009/04/28

5ヶ月ぶりのスポーレ

5ヶ月ぶりにスポーレに行ってきました。

つくばでの仕事が一時中断していたのですが、
この度再開することとなり、さっそく帰りにスポーレへ。

今回はケガした足を保護するために、トップロープのみとし、
ボルダーエリアには近づきませんでした。
ロープ仲間のUさんにお声がけして来ていただいて、
2本だけですが、TRで登らせてもらいました。

当然ケガした足を使わないように靴を脱いでのトライですが、
15mのTR、5.8、5.9とも、問題なくクリア、
膝をねじったり、乗り込んだりしなければ痛みもなく、
その限りにおいては左足は普通に使えるようです。
非常に調子がよかったので、そのまま10Aとか、
でなきゃリード壁でナインとかって思ったのですが、
ここでまた調子に乗ったらイカン、というオトナの私が自制。
なんとか自制心を保ったまま過ごすことができました。(笑)

Uさんは結構調子がいいらしく、ガンガン登っておられました。
かなり深い人生談義なんかもして、ディープに過ごしました。(^^)


ここから先は楽しくないハナシ。

昨日は2回、ルートかぶりがありました。
当然、こちらが先にルート(垂壁)に入ってますが、
横のハング壁に後から取り付いた人がテンションかけて落ちてきてニアミス、、、
それが2回もありました。
とくに2回目など、相手が落ちてきて登ってる最中のUさんに接触。。。
予想はしてたので、ビレイしてた自分は張ってましたけど、
だけど、そういうのってどうなのよ、と。
Uさんは穏やかな方なので怒らなかったですけど、
私は内心かなり怒ってました。(笑)

ほかにも、リードエリアを使ってアップがわりにボルダーをするなど、
常連とおぼしきうまい人たちのマナーが悪いように思いました。
初心者用のルートが少ない(リード壁の10aは1本しかなく、10b2本、
10cも2本しか無い)点とあわせて、今度店長Kサンに言ってみようと思います。

最近Pump1でもたまに酷いマナー違反を見るんだけど、
何が起きてるんだか。。。。(´・ω・`)
2009/04/09

レベルアップ講習(6回目)

受傷後初のクライミングでした。

装具を装着してP1に行くと、T君がいました。 Σ(゚Д゚)
T君も右足の指を骨折してる「イタイクライマー」の一人です。(爆)
他人事だと思ってたのに、自分も片足クライマーになってしまいました。w

さっそくリンさんに診断結果を報告して、
アップのボルダー課題に取り組みます。

トラバースの茶色とかはまぁいいんだけど、
タワーを使って回っていきながら色々取る課題は、
どうしても左足を剥がれ防止とかロックとか乗り込みとか、
色んな目的で使ってしまいます。

で、靭帯が痛くなるという。(;´Д`)

結局満足に出来た課題は1つもなく。(´・ω・`)
足は痛むばかりだし、やはりまだ早すぎるのか、と。

後半40分はロープクライミングの時間でした。
ここで私は負傷した左足の靴を脱ぐように言われ、
そのまま片足でTRで富士山の10A課題を登ることに。。。
それでも片足でも負傷したほうの足を使ってた(ストッパーとか、
ふられ止めとか、軽く立つとかの、負担のかからない方法で)
わけですが、それはダメといわれ。(´・ω・`)

次は10A緑のスラッシュを、一切左足なしで登れと。・゚・(つД`)・゚・

結局、フラッギングの練習なんですよね。。。
私はアウトサイドならなんとかなるけど、
インサイドはもうぜんぜんできないので<フラッギング
ほとんど正対とか、ちょっとナイショで左足使ったりとか(爆)
反則ばかりしてましたが、結局、最後まで登りきることができませんでした。

いやぁ。ケガしてみてわかりますが、
使えてないようでいて、足ってすごい。
足がないと、ほんとに手に負担がかかります。 Σ(゚Д゚)


りえちゃんに「足治った時、超うまくなってますよ」
って励まされたけど、ほんとにそうかもー。
少なくとも、超!楽に感じるだろうということはよくわかります。

さてはて、これから治るまでどれぐらいかかるのかなぁ。(´・ω・`)
2009/04/01

レベルアップ講習(5回目)

今日は6名中5名出席。

最初に1Fの茶色のフリ系課題でUp。
またそこで進行方向と逆向きのねじりが足りないと
ほぼ全員が同じことを言われる。

次に2Fに上がり、上がったとこの講習用カチ課題を。
1発でとっちゃった人は、向い側の125度だっけ?の壁の課題を与えられる。
私とKさんは茶色V字の課題を。(今日は各人それぞれの課題が与えられる)

次に全員でルーフに移る。
いくつか課題をやって、大体は落せた。

しかし、垂壁でも傾斜のついた壁でも出来る「振り」が、
なぜかルーフになると途端に出来なくなる私。。。
体幹が弱いせいなのかわかんないんだけど、
どうしてもデッドか正対になってしまう。

ほかの人もそうだったので、苦手克服用の練習課題が出題された。
ルーフに張り付いて、ちょっと遠い左上のガバをとる練習。
たしかに正対では絶対とれない位置にある。

何度かやるんだけど、なかなかうまくいかない。(T.T)
りんさんにそこのところのムーブだけ丁寧に教えてもらって、
腰の捻り方など練習してみる。

そして何度目のトライだろうか。

言われたとおりに素直に腰を入れて思い切り捻ってみた。
と、手がホールドに届いた!


やったっ!と思った瞬間、


バキッ!!!



と大きな音がして(まわりの人談)、私は落下。



私自身は内部からの衝撃音はたしかに伝わってはいたのですが、
左手がホールド掴んだかどうかに集中してたので、
左膝に異変が起きてることは、落下してからはじめて気づいたのでした。(;・∀・)


なにかすごく不快な感じの鈍い痛みがする。。。

立とうと思うんだけど、立てない。
マットの上でゴロゴロ転げまわっていたら、
りんさんが慌てて氷を持ってきてくれて、すぐにアイシング開始。


結局講習終了時までRIC(Eはしてない)しながら居ました。

自分的には、一瞬膝が外れたというのが一番近い印象で、
今までに靭帯切ったり伸ばしたりした経験から知ってるあの痛みとは
まったく別な鈍い痛みと違和感を感じていました。

なんかすぐにでも登れそうだったので、
新しい課題をやろうとして皆に諌められたり。・゚・(つД`)・゚・

結局この日は私のその事故のせいで、ロープはなしで、
2時間ずっとボルダーになっちゃいました。すみません。>講習のALL

MRIの結果が月曜日にわかるので、今は俎板の上の鯉状態。w
足を捻りさえしなければ、ちょっとビッコだけど普通に歩けるし、
さすがに来週末の御岳(木曾おんたけ)BCは諦めますが、
GWの山+BCは予定通り行く気マンマンです。(笑)

医者からはムリしなければ運動してもいいと言われてるのでw
足を固定してクライミングには足しげく通います。(・ω・)ノ(バカw)