2015/12/05

裏山

久々隠れ家へ。
駅で2人を出迎えて3人で裏山ユルフワハイキング。
雪がほとんどなくて物足りないので、バリルートで登りました。
しかし、落葉松皆伐のあとは、鹿避けフェンスだらけで、
もう、ここは気軽に楽しく登って滑り降りられる場所ではなくなってしまいました。(>_<) 
3-4か所はフェンスでゲートの開閉が必要に。Orz

12308340_1036848426356844_4055895956099523940_n.jpg
スポンサーサイト
2012/12/23

裏山で雪山ならし

12月の3連休のうちの後半2日は、長野の隠れ家に行ってきました。
22日夜中の移動だったので、23日は昼までゆっくり寝て、夕方、お散歩で裏山へ。
裏山とはいえ標高1800m、家からの標高差は300mあり、
今回、ほんとに携帯だけ持ってユニクロ上下で出かけてしまった事を後から深く反省しました。

たいして雪がなさそうに見えたのですが、どうしてどうして、膝までのラッセルでした。
1700mまでは雨の痕跡があり、ザクザクな感じ。
1700UPはパウダーでサラサラでした。
気温が高くさほど凍りついてはいなかったので、アイゼンなしの長靴でも大丈夫でした。

鹿の群れと競争しながらショートカットルートを使って登頂し、そそくさと下山。
しかし甘い服装で行ったため、体を冷やしてしまい、持病の寒冷アレルギーが出ちゃいました。
まだブッシュが出てるけど捨て板なら十分滑れる状態でした。

楽しかったけど、反省しました。雪山のシーズンですね♪

PhotoGrid_1356262534615.jpg
2012/03/01

赤岳(敗退(T_T))

3月1日木曜日、単独日帰りで赤岳に行きましたが、まさかの敗退。Orz
お天気は快晴で昨晩の降雪直後の真っ白で空の青い絶好の登山日和でした。(T_T)
DSC02633.jpg


そもそもの出発が遅すぎた上、忘れもので引き返したりしたので、
南沢を通って行者小屋についたのが11時半。(^_^;)
CTで歩ければ山頂周回できなくはないですが、雪次第。
ということで、とりあえず地蔵の頭まで様子を見に行きました。

後から思うと、文三郎から回れば良かった。
つい癖で地蔵から登ってしまったのですが、これが、、、
下りのトレースが2つあって、ラッセルの必要はないのですが、
雪の質がヘンで、サラサラと手ごたえがない。
粒の大きなグラニュー糖みたいな雪で、アイゼンつけててもズリズリ滑る。
上部に行くと、ピッケルがどう差してもどういう持ち方しても
まったく効かなくなってしまいました。

ただでさえトラバース恐怖症なので、
あの雪崩そうな開放斜面のトラバースでピッケルが効かないことにパニックになりかけ、
DSC02648.jpg
あと標高差30mぐらいで地蔵の頭というあたりの鎖場で、ついに怖気づいて引き返してしまいました。(^_^;)

普段高所恐怖症の私ですが、今までは雪があれば全く怖くなかったのです。
だから雪山になると垂直に登る事もできたのに、今年は雪があっても高さを感じてしまい、
怖じけづきまくり。Orz なんでだろう。雪崩の勉強しすぎで雪が怖くなったのかなぁ。

さようなら~。また来るからねえ。(T_T)
aDSC02652.jpg


かなり(´・ω・`)ショボーンな気分で戻ってきたのですが、
あの南沢のツルツル悪路が今回は雪に覆われていたため大丈夫だったのと、
途中でカモシカ君に会えたのでヨシとすることに。
DSC02660.jpg

帰りは樅の湯に立ち寄ってノンビリしてから帰りました。

山はコンディションによってぜんぜん違うんだなぁと。。。
冬の南ヤツはバリも含めて何度か登ってるけど、
今までがほんとにラッキーだったということを知れて良かったです。
リベンジには行きたいけど、あの取りつき道路の悪コンディションと
下山のツルツル道路がイヤなので12月まで持ち越しかなあ。(^_^;)
2011/08/24

裏山登山

8月20日

親と私と息子の3世代で、毎夏恒例の3世代登山に行って参りました。
裏山とは隠れ家の裏にある山で、標高が1800mの山です。

隠れ家の標高は1500mなので、標高差は300m。
ショートとロングの2コースがありますが、
天気が心配だったのでショートコースでピストン。往復3時間程度です。

孫と祖母の年齢差は57年。
昭和ヒトケタと、平成ヒトケタのペアです。w
aDSC00464.jpg


山頂。
aDSC00453.jpg


山頂ではのんびりおにぎりを食べ、お茶を沸かしてゆっくりしました。

ヤナギラン。もう秋ですねえ。
aDSC00455.jpg


セスジハリバエ。
ひとなつっこいので、なかなか飛んで行ってくれません。
aDSC00456.jpg


雲が多く、山は見えなかったのですが、
1時間休憩してるうちに、雲が晴れて八ヶ岳界隈が見えるようになりました。
ここからは北の蓼科山から南の編笠岳まで全山がきれいに見えます。
aDSC00458.jpg


今回は天候不順で唐松岳(白馬)登山がなりませんでした。
秋にリベンジできるといいな。
2011/08/24

天狗岳(トレ引率)

8月17日

先日に引き続き、再びトレ登山の引率です。
今回はPちゃん、Sちゃんのボラメンに加え、
スペシャル講師で同じくボラメンのT君が参加。
T君は自身のボッカトレでもあるそうで
公称15kgのザックを担いできましたw

前夜茅野駅でPちゃん、Sちゃんを拾い、唐沢鉱泉のPで車中泊。

朝、T君と合流し、6時出発。

西尾根経由で西天狗、東天狗、中山峠で黒百合ヒュッテ。
西天狗では恒例のボラT記念撮影を行いました。
2010175_1273549529_235large.jpg

西天狗に到着したあたりからガスガスになってしまい、
まったく景色が見えず残念でした。

黒百合ヒュッテ到着の段階でまだ10時すぎ(^_^;)
でも一応昼ごはんを食べます。
今回も、カップヌードルごはん。
2011081710460000.jpg


唐沢鉱泉戻り13時。
鉱泉に入り、蕎麦屋へGOしましたが、
私の長年のお気に入りだった蕎麦屋が閉店してて大ショック。
2011081715220000.jpg

初めてのお店(メルヘン蕎麦)に入りましたが、まぁ、量には満足した(^_^;)
2011081714530000.jpg

・・・まじめにまたお気に入りの蕎麦屋探しを始めようと思います。

今回は筋肉痛が酷いPちゃんがほんとうに気の毒でしたが、
のんびり話しながら歩けて結構楽しかったです。
アークテリクスのザックの良さを初めてわかったのも収穫かも。

ちなみに唐沢鉱泉、Pにバイオトイレ出来ててびっくりしました。
唐沢鉱泉サファリナイト?では、たくさんのニホンジカのほかに、
野生のウサギも見ることができました。w

御一緒していただいた皆さん、ありがとうございましたヽ(^o^)丿