2017/09/24

【道具】沢靴を新調

沢靴は、昔はキャラバンの大峰でしたが、


ここ数年はモンベルのサワートレッカーを使っています。
理由は、おもにお値段の面と、ホールド感があり、
爪先部分もタイトなので、立ち込みがしやすいからです。
(その分、下山時にも履いてるとちょっと足先が辛いことがありますが。)


今履いてる靴は、沢靴としては6代目、ラバーとしては2代目で、
遡行年数は2年、回数は53回履いたことになります。
下山時も履き替えずにそのまま下ってますが、
泳ぎ系が増えてくると、あんまり底が減らないので、
以前より長持ち(当社比)するようになりました。

しかし最近何気ない所で滑るようになり、裏を仔細に見てみたら、
さすがにそろそろ買い替えないとダメ(;・∀・)ということに気づき、
早速ポチりました。ウェルカム3代目♪
また2年ぐらいよろしくお願いします。

sawagutsu.jpg
スポンサーサイト
2017/07/26

【道具】沢靴の補修

ここ数年ずっとモンベルのラバーを履いてるのですが、
この2年は同じ靴で通してるような気がします。
しかし、さすがに先っちょがなくなってきてしまい、
しかもリニュされたモンベルのラバーはリソールできない
(超強力にひっついてるので剥がせない、初代は出来た)ので、
先っちょだけなんとかならないかなぁとずっと思っています。
(他の部分はまだまだ使えそうなので。)

先日、ネットで見ていたら、
沢靴のリソールや修繕にシューグーがいいとあったので、
早速シューグーを買ってみました。



シューグーには滑り止めの効果も謳われているので、
イチカバチかということで、靴の先端に塗ってみました。
それだけだとツルツルで滑りそうだったので、砂を混ぜて。
熱帯魚用の目の細かい砂です。
塗りやすくすぐに乾いて使いやすいです。
臭いが結構しますけども。

しゅぐー

で、それで沢に行ったところ、滑りはしなかったのですが、
下地ゴムとの相性がイマイチなのか、
遡行が終わる頃にはすべて剥がれて失くなっていました。(;・∀・)
うーむ。ダメだったかー。。。

もう1回、もうちょっと厚塗りして試してみたいと思います。

2017/07/08

【道具】沢用スパッツのマジックテープの補修

沢で使ってるスパッツは、モンベル製で、かなり長い期間使っています。
経年劣化で色が白くなってきたり、薄くなってきたのは良いのですが、
マジックテープ部分がうまくひっつかなくなり、いつか補修せねば、でした。
あれは5000回が使用の目安らしいですが、
私、5000回も行ってないぞ、沢。(笑)

細かく観察してみると、♂の部分にかなりゴミが挟まったり、
♂と♀だと、♀のほうがヘタレやすいみたいで、♀がダメになってるから、
♂がひっつかない、というのもあるみたいでした。

ので、アマゾンでマジックテープを買い
(ハードユースなのでちゃんとしたブランド品wにしました)



モンベルの元々縫い付けてあったやつを剥がし
(これがとても大変でした!ものすごく頑丈に縫い付けてあるからです。)
新しいテープをミシンで縫い付けて完成です。

沢スパッツ


テープは♂♀セットのを2セット買ったけど、1セットで足りました。
反省点としては、下の部分の♂は前のものを活かしたので♂が余ってて、
そして、上のストラップ部分は、♂が♀より長くないとダメということに、
やってみてから気づきました。(;´Д`)
ので、今回余った分も含めて上のストラップの長さとして利用し、
縫い付けたらちょうど良いのではないかなという気がします。
明日の沢で使ってみます。




2017/03/13

【道具】山で使うマスク

花粉症ではないのですが、重度の寒冷アレルギーです。
自分の場合、左の鼻に冷たい空気が入った場合(なぜか片鼻のみ)と、
太腿が冷えた時に、突如として発作が起き、ずっと続きます。
発作の内容としては、シャックリのように延々と続くクシャミと止まらない鼻水で、
鼻水の滝を放置すると、鼻から足元まで繋がる滝になります。(;・∀・)
ティッシュなどで対処できる量ではないので、鼻水専用のタオルやらハンカチを持って行きます。
私の場合はマイナス5度位が発症ラインで、下山するなどして気温が上がると止まります。

というわけで、冬場はマスクが必要です。
しかし、マスクすると呼吸がしんどいし、マスク内にこもった蒸気で顔が濡れるし、
寒いとそれが凍りつく、おまけにサングラスしてると曇って何も見えない、、、
ので、鼻に綿球を詰めて登るなどということもしていました。(;・∀・)

しかし、先日、良いマスクを見つけました。



アマゾンのレビューだと、黄色は黄ばむというので、黒(グレー)にしましたが、
バラクラバも黒なので違和感ないです。↓
aDSCN3867.jpg

レビュー通り、呼吸もラクで、空気がよく通ります。
ので、マスクや顔が呼気でビチョビチョになるということはないです。
花粉症のランナーや登山者にはお勧めかと。

袋を開けた時にちょっと石油製品臭がするので、使う1日前に袋から出して、
さらに私はローズマリーなどのアロマオイルを垂らして使っています。
サイズは小柄な女性はSのほうが良さそうです。
(洗って何度か使えるのですが、何度か使うと伸びてくるため。)
2017/01/31

【道具】MSRスノーシューのストラップ交換

この前の赤城山にスノーシューを持っていったのだけど、
経年劣化でストラップが全て切れてしまった。Σ(゚Д゚)
(使わないと困るというシーンではなかったから良かったけど。)

昨年から兆候はあったので、
結束バンドをたくさん持っていったのだけど、
全部切れるとは予想外。(;・∀・)

ちなみに、結束バンドって山では緊急時色々重宝するので
ご持参お勧めです。いろんなサイズがありますが、
私は大は小を兼ねるで大きめ(300mm)のを持ち歩いています。




下山後、日本の販売代理店であるモチヅキに発注したら、
1日で届いて感激。早速張り替えました。
IMG_20170126_125152.jpg

私のスノーシューはデナリ・クラシックで、かれこれもう15年使っているもの。
なぜかヒールリフターが要らない人間なので(足首が柔らかいのかもしれない)
新しいものに買い換える必要を感じず、ここまで来た。
頑丈だから壊れないし、多分このまま一生使うんだろうなあ。

赤城に同行した友人は、冬の会津駒ヶ岳に行くような人なので、
女性なのに男性用のライトニング・アッセント(22インチ)↓を使っている。
細いのに力のあるパワー・ラッセラーなのだ。




そしてもう1人の友人は雪山初心者なのだが、今回を期に、
ついにスノーシューを買いました。
ライトニング・アッセントの重量は1.7kg位。
では同じ位の重さなら安いものを、ということで、
日本限定復刻版、真っ赤なデナリ・クラシック・アッセントです。
なんで赤いのか。シャー専用なのか。(;・∀・)




いろんな会社のスノーシューを履きましたが、やっぱり登山に使うならMSRだなあと。
トラバース時の安定感はほかの製品では得られないなぁと思うのです。
裏面すごいですからね、縦に伸びる刃。これには敵わない♡



今回、MSRが、Mountain Safe Researchの略だということを初めて知った次第です。
山岳安全研究所みたいな感じですねw