2013/02/17

刈田岳

2月17日(日)

aae66c43-cd05-4aa3-b1c6-a2e164b4e70bwallpaper.jpg

前日夜の予想天気図ではイケそうだったので、
この日は単独で行動することに。
yちゃんちをおいとまして、ライザワールド(スキー場)へ。

ライザに到着し、トイレ行ったり支度したりして出発はは10時半すぎ。(^_^;)

天気図は本州上空に移動性高気圧が覆ってくる予想だったけど、
上空高いところに居座った猛烈な寒気と
依然強い冬型が残ってる北海道あたりの影響で、
雪雲がひっきりなしに襲来してました。

リフト2本乗りついで、降りたところでBCの支度。
今日はテレです。

今日はGPSがない(故障してるから置いてきた)のでコンパスナビで。
最初のうちはトレースがあったのでトレースを頼りに行きます。
トレース以外に、道をマークする棒がささってるので、
晴天時はこれに頼っていけると思います。

IMG_20130219_000231.jpg

リフト線沿いに登って、稜線へ。
すでにホワイトアウトしてるので、過去に来た時の記憶が非常に役立ちました。
歩いてると、突然右にドーンと言う感じで建物が見えてびびりましたが、
その大きさからして、これって刈田岳のレストハウスとちゃう???
と思いながら歩いてると、ふと前が見えるようになり、
思ったよりもずっと近くに、鳥居と御本殿が見えました。

やったぁ。あれが刈田岳だぁ♪

思ったよりもずっと早くに刈田岳到着。
しかし風が強く天気は悪いので売店の陰に避難。
地図とにらめっこしてたら、突然、青空が!
慌ててパチリ!
ちょっとだけお釜も見えた感じ。

シールを剥がして稜線まで滑り降りましたが、
その先がホワイトアウトで3Dがうまく認識できずこけまくり。(^_^;)
しかもツルツルで実に滑りにくい。(^_^;)

稜線から下に入ったところでいよいよホワイトアウトが激しくなり、
道標の棒は1本も見えず、完全にコンパスナビに頼る状態となりました。
そして足元が植生の上のシュカブラ等でボコボコ+ツルツルなので
到底まっとうに滑ることはできません。。。
というわけで、リフト線のところまで辿りついた段階で、またシールを装着。(^_^;)
なるほど、下って来た人でシールつけてた人がいたのはそのせいか。

ずっと風速15m位の風に吹かれて(気温マイナス10度位(^_^;))
体が冷えきって寒冷アレルギーが出てきたため、
リフト線の下にあるリフトの機械小屋に突入。
小屋の中は無風で、暖かく感じる位でした。

そのあとは一直線にゲレンデトップまで。
14時9分、ようやくゲレンデトップ到着。
ようやくシールを外し、かっこよくテレマークターンを決めてボトムまで。
といいたい所ですが、残念ながら昨日の筋肉痛でそれどころではないwww
アルペンターンも交えつつよろよろと降りてきて、なんとか生還。(^_^;)

このスキー場はスキー場の近くに温泉がないのがネック。
結局入りそびれたまま都内に戻り、帰宅してから熱いお風呂に入ったのですが、
あれ位冷えちゃうと、やはりその場で解凍した方が良さそうです、
その後しばらく風邪気味で、10日位は寒冷鼻炎が治らず難儀しました。

天気が良ければ熊野岳とかも思ってましたがそう簡単ではありませんでしたw
でも今回は完全コンパス頼りのホワイトアウトナビが実践できてちょっと嬉しかった。

この蔵王連峰、何度来てもなかなか味わい深いものがあります。
東北や北海道の山は標高+1000mと言いますが、ほんとにそんな感じ。
1700mの山だと舐めてたら即死するなぁと思った次第です。
また来年も別ルートからチャレンジしに来たいです。
楽しかった。ありがとう♪
スポンサーサイト
2011/08/08

栗駒山(2) 登山の巻

8月1日

前夜泥湯温泉から移動し、須川温泉の公営Pでの車中泊。
夜中、ものすごく寒かった。。。
車内目張りを、夏なのに銀色を内側(冬仕様)にしたぐらいです。
夏用化繊シュラフを使用してたのですが、
ダウンの3シーズンシュラフにすればよかった。
天気が悪いせいもあるのでしょうが、ちょっとびっくりしました。

須川温泉のPは、トイレも水洗で水道もある。
けど、水道は空気中の温泉成分のせいか少し金気臭いです。

早朝からガスが晴れるのを待っていたのですが、
ぜんぜん晴れる気配がないので、諦めて9時出発。
濃いガスによる視界不良で周囲がぜんぜんわからないままに、
地図から登山道の入り口を判定して近づいてみると、
露天風呂の横に遊歩道があり、そこから行けるらしい。
aP1070539.jpg



遊歩道は温泉の源泉が流れていて源泉硫黄臭が大好きな私は
( ・∀ ・)モエッとした気分になったのでした。
aP1070540.jpg


帰りにこの川に手を入れてみると、
適温よりちょい暑めな感じでなかなか良さそうでした。
(帰りにみると、その下部は足湯になってました。)

遊歩道を抜けるといくつか分岐があるのだけど、
最終的にはすべて名残ヶ原に抜けるとガイド本に書いてあったため、
最短と思われるコースで行ってみた。
aP1070542.jpg


名残ヶ原は湿原で、ガスがかかっていて風情があった。
キンコウカが咲き乱れていました。
aP1070555.jpg


ここでモウセンゴケと初対面。
aP1070553.jpg

イワショウブ
aP1070557.jpg


ネバリノギランかと思ったけどちがうぽい
aP1070558.jpg


その後、地獄谷に沿って上に登っていきます。
この地獄谷には例の硫化水素ガスが出てるらしく、
入ると文字通りの地獄になってしまうらしい。
ガスってるのでなかなか臨場感が。(^_^;)
aP1070560.jpg


と思ってるとちょっとガスが晴れてまわりが見れた。
きれいなコントラスト。
日光とかみたいな空の色だなあ。
aP1070572.jpg


そして前方に爆裂火口ふうのものが見えてきた。
aP1070571.jpg


昭和湖。
aP1070575.jpg

昭和19年にガス爆発して出来た穴に水が溜まったらしい。Σ(゚Д゚)
水は例によって強酸性。

あざみ。こうしてみるととてもきれい。
aP1070576.jpg


ちょっとした登りがあって、天狗平の分岐に到着。
そこから山頂はすぐです。

10時48分、山頂到着。
ガスガスです。
aP1070593.jpg


神社。
aP1070592.jpg


ガスの中で霧雨ぽかったので、おやつを食べてすぐに退散。
予定では産沼経由の笊森コースで帰るつもりだったけど、
このルート、入ってすぐにヤブコギになってしまい、
雨ガスの中を突破するのに困難を感じて引き返す。

結局ピストンになってしまった。

帰りは賽の碩を通って帰りました。
aP1070607.jpg


登山口着12時28分。

外来露天があったのだけど、なぜか入る気にならずにそのまま退散。

途中、栗駒神水という湧水ポイントがあったので、
水をたくさん汲んで帰りました。
秋田の焼酎や地酒にも使われてるそうで、
ここの水は癖がなくておいしかった♪
aP1070614.jpg


その後、一路東京へ。
東北山をめぐるプチトリップはこれにて終了。
今度はブナに会いに行きたい。
2011/08/08

栗駒山(1) 泥湯温泉の巻

7月31日(日)

岩手の早池峰山を登ったあと、
秋田にある泥湯温泉に行きました。
山と高原地図に出ていた、
泥湯にある、20mの湯滝。
その下の滝つぼが適温の温泉になっていると知り、
どうしても入りたくて行ったのでした。
沢ノボラーとしては当然ですよね(笑)

が、泥湯にたどり着いた時にはすでに18時位で、
まだ日照はあったものの、
付近は硫化水素ガス発生しまくりのヤバい場所です。

aP1070514.jpg


ここで2005年に、硫化水素ガスによって
一家がまるごと亡くなってしまうという悲惨な事故があったらしい。
慰霊碑です。
aP1070515.jpg



川原毛地獄まで行ったものの、
日曜の夕方ということもあり、車が1台も停まっていません。
この賽の河原ぽい地熱と湯気の中を、
たった1人で往復1時間かけて行くのは、アレだな。。。と。

結局、折角来たのに諦めたのでした。Orz

しかし帰ってきてからウェブで色々調べたら
やっぱり行けばよかったと後悔してます。↓
今度絶対行こうと思います。
http://aios.city-yuzawa.jp/kanko/kanko02-01.htm
http://spa.s5.xrea.com/broom/akita/kawaragef.htm
http://www.food-travel.jp/onsen/akita/kawarage.html

かわりに泥湯温泉(奥山旅館の外来湯)に入ってきました。
本来はカメラ持ちこみ禁止だそうですが。。。

aP1070516.jpg
aP1070517.jpg
aP1070520.jpg
aP1070523.jpg
aP1070525.jpg
aP1070526.jpg
aP1070530.jpg


完全貸し切り状態で、露天3、内湯1を堪能しました。
今度はぜひ宿に泊まりで来てゆっくりしたいなぁ。。。

後ろ髪をひかれながらも、
栗駒山の登山基地でもある須川温泉まで移動して
県営Pで車中泊しました。
2011/08/05

素晴らしきかな早池峰山♪

7月31日に早池峰山に登ってきました。

7月30日(土)

4カ月にわたる東松島市でのボランティア活動を終え、
東松島市を出発。
天気が芳しくなかったため前線の影響を避けて北上。

持ってきた地図は早池峰山までしかないので
30年前から登りたかった岩手山はまた諦め、
早池峰山に登ることにしました。

道の駅石鳥谷でお昼寝をしてから
地元のばあちゃんが作った「きりせんしょ(へっちょこ)」と
烏龍茶茹で玉子、瓜の浅漬け、ブルーベリーを買い、むしゃむしゃ。
へっちょこは、形は違うけどユベシと同じ味でもう少し柔らかい。
2011073014490000.jpg

夕方、川原坊のPに到着し、車中泊。
暮れていく空がきれい♪
aP1070366.jpg

川原坊には水洗トイレがあり、水道もあるので快適。
車は寝る前は私の車とその車だけでしたが、
起きたら数台増えていて、それでも全部で10台ぐらいでした。
天気が悪いのもあって、人が少ないのかもしれない。

ちなみに、その夜はかなり寒くて、(朝の気温は16度だった)
車の窓を全部閉めて冬用の窓目張りもして寝ました。(^_^;)
(さすがに目張りは外側に銀を持ってきましたが)

7月31日(日)

朝5時30分に始発バスが「岳」を出るから、
それより先に出たいということで、
4時半に目ざましかけて起きてみたら雨。
ガッカリして二度寝。
5時半のバスが通過する音で目を覚ますけどまだ雨。
また二度寝。
そのあと6時半のバスが通過する音で起きたら、止んでいました。
それっ!と支度して、7時18分発のバスに乗りました。
バスに乗る前にちゃんと携帯トイレを買いました。
(が、結局使わなかったけど(^_^;))

小田越まで1区間で300円。バスで5分。歩いたら40分。

小田越にはテントが張ってあって、パンフレット(地図)を配ってました。
地元山岳会の人たちらしいです。
早池峰は地元山岳会や有志ボランティアの努力によって
オーバーユース問題をなんとか乗り越えようとしてるようです。
パンフに書いてあることや、携帯トイレのことなど、
なかなかすごい努力と意気込みが見てとれました。

ちなみに携帯トイレについてはこちらに詳しい記事があります。
http://araikazuya.blog97.fc2.com/blog-entry-436.html
このブログの人が推奨してるのもこの早池峰で売ってるやつです。
http://aiken.fc2web.com/keitai_toilet.html

だけど、私はこの携帯トイレは使いにくいと思いました。
私が普段使ってる(雪山等で)のは、ユリアポットというやつで
もう少しコンパクトなのです。広げなくてもいいし。
その分コツがいるといえばいりますがw
http://www.sumisu.co.jp/product/nurse/ureapot.htm

さて、小田越には登山ポストはないけど、
「登山ノート」というものがあり、
日付、氏名、住所、電話番号だけ書くようになっていて、
入山時刻と下山時刻を書くようになっていました。
しかし私は入山したのと下山したのが違う場所なので、
ノート上では入山したままになってます。。。(^_^;)

雨がシトシトと降りそうな感じでガスが濃く、
樹林帯を通るので、雨具を上下とも装着。
7時32分出発。

最初は樹林帯の中の木道を歩きます。
その後、土の道になり高度をじょじょに上げて行きます。
30分も歩くともう樹林が終わって森林限界の上に出てしまいました。

余談ですが、最近東北の山を歩いてて思うのは、
東北の山は、標高が低い山でも、
1000m足して考えるべきだということです。
植生を見てるとそうなんですよねえ。
1600mの山なんだけど、北アルプスとか八ヶ岳の2600m付近
と同じ高さの植物が生えてます。
森林限界の低さを見れば一目瞭然。
八ヶ岳でも北アでも森林限界は大体2300-2400m位だけど、
東北の山は、1300mぐらいで森林限界が来ます。
緯度の高さがなせる業なのでしょう。
だから標高だけ見てたら「低っ!」て思うけど、
歩いてる時の満足感はアルプスと変わりません。
むしろアルプスより花が多いから、ほんとにすばらしいです。
(すっかりとりこにw)
しかし、逆に言うと、標高低いからって舐めてかかると、雨の時、
道迷いの時にどえらい目に遭うことは必至です。
全般的になだらかだから迷いやすいですし、
道標も北アほどはしっかりしていません。

と、思ってる私の目の前を100円カッパを着た集団が行くwわけですが、
まぁツアーパーティぽいし、放っておいて、隙を見てどんどん抜いていきます。

霧雨はすぐに止み、だんだん空が明るくなり、時々青空が見えたりして、
ん、なんか岩ぽいのがいくつかあるぞ?なゴキゲンな感じになり、
色々花を撮ったりしてるうちに、前方の霧の中にハウルの城みたいなものを発見。

ん?と思って見ていると、一瞬霧が薄くなり、何やら南岳のようなものが前方に!
一気にテンション高くなり、駆け上がってしまいます。

なにあの南岳!と叫びながらよく見ると、
それはたしかに南岳のような全貌のすごい岩場。
もしかしてこのルートあそこに向かってんの?ワクワク♪ 

と、足元にはたくさんのお花がしずくをつけて光っていて、
上には岩って、こんな天国みたいなところ早々ないぞ!
まるで北岳みたいだ!と思いつつ歩いていきます。

南岳w下部で、白い料理人長靴を履いたお爺さんを追い抜いたら、
そのお爺さんが足が速くてびっくり。
追いつかれそうになるので必死に登りましたw

「南岳」は想像より小さく、プチ南岳でしたが、ちゃんと梯子場もありました。
そして頂上稜線に出てしばらく行くと、御田植場が。
楽園風のところです。
そして先に山頂が見えました。

山頂には避難小屋があってトイレがあります。
このトイレが、携帯トイレ専用という一風変わったトイレですが、
トイレの汚物を降ろす事を考えると実に画期的なシステムですね。
自分で降ろして麓のポストに捨てればいいわけで。
(私は自宅まで持ち帰ってもいいんじゃと思ってますけどw)
ちなみに山頂避難小屋にも携帯トイレが売ってました。

さて、登りで10組位抜いたのですが、上にはさらに人がいて、
しかも下からたくさん上がってくるので、人が居ない場所を求めてグルリと歩きます。
結局、川原坊から上がってくる道の途中の岩がよい腰かけになってたので、
そこに落ちつくことに。
座ってお昼を食べながらのんびりと花や岩を眺めて、通行する人達とお喋りしました。

晴れてればこのままピストンして反対側の薬師岳に登るつもりでしたが、
雲がとれないので、諦めてこのまま川原坊に降りることにしました。
ここのお花の多さは素晴らしく、本当にお花畑のようです。

30分ほどゆっくり休憩したのちノンビリ下ります。
この川原坊からの道は、登りにとったほうが多分楽です。
下りは結構足場が悪く、ラク(落石)の危険性があります。

冬に滑りたいすばらしい沢をグイグイと下りて、あっという間に川原坊到着。
ゆっくりしたつもりなのに、12時。(^_^;) 休憩入れて4時間て短かすぎ。(^_^;)

やっぱり薬師岳行くべきだったかなどと思いながら、
車を動かせるのは13時からなので、
ノンビリと着替えたりして、ヨガなどして時間をつぶしました。
ちなみに、ビジターセンターでは大型スクリーンで
早池峰の四季とかを映してたので、そういう時間のつぶし方もあるようです。

13時。車に乗って降りて行きましたが、早くもまた訪れたい気分でした。
今度来る時は、ぜひ鶏頭山への尾根を通りたいです。

百名山にも色々ありますが、感服いたしました。
素晴らしい山、早池峰山。
テレビだけではわからない良さがあります。
(それまでは、花と人だらけのハイキング場所という印象でした)

参考: CT 5:10 

今回はビデオにしました。6分ありますが、和みたい時にどうぞ♪
2011/08/05

南蔵王・花の天国♪

日付が遡りますが、7月22日に南蔵王を歩いてきました。

花がきれいで人が居ない、
という文言に惹かれて行ったのですが、
往復15-6km、日陰なしという、
なかなかハードなハイキングとなりました。(^_^;)

ルートは、
エコーラインP→刈田峠→前山→杉ヶ峰→芝草平→屏風岳→前屏風岳→不忘山
のピストンです。

累積標高差は往復で723m。
アップダウンの繰り返しで、思ったより遠かった。。。
用事を済ませてから行った為、
入山が11時半という常識外れな時間で、
最後のほうはちょっと焦り気味でした。
やはり山は早発ちが原則ですね。

※カメラの電池がなかったのでほとんどの写真は携帯カメラで撮ったのですが、
レンズに細かい傷がついてるため画像が不鮮明なため、UPしないことにしました。
花については、見たものの名前だけ書き記します。
(珍しいのだけ写真を入れておきます)

11:30 エコーラインのPに車を停めて登山道入り口からスタート。
aP1070223.jpg


この看板がなかなかよくルートを説明できていて、
帰ってから改めて読んで感心しました。
aP1070224.jpg


前山手前のコルに降りて行くとすぐに湿原が。
aP1070226.jpg


早速、トキソウ(朱鷺草)に巡り合えました。
トキソウは今回が初対面です。
aP1070227.jpg


前山への登り
aP1070228.jpg


まだゴゼンタチバナが咲いていて驚きました。

近所でギャーギャーうるさいなと思ったら、案の定ホシガラス君が。
ホシガラス大好き♪
aP1070233.jpg


前山到着12時02分。そのまま通過。

エゾシオガマ、ウスユキソウ
このあたりはウスユキソウの群生地で地面が☆だらけみたいでとてもきれいでした。

杉ヶ峰到着12時22分。
でっかいラブラドールを連れたオジサンがいて
ラブが可愛かったが、そのまま通過。
屏風岳に向かって行きます。

杉ヶ峰から屏風岳の間のコル部に展開する湿原が、
「芝草平」という湿地帯です。
早速咲いてる(開いてる)トキソウに出会えました。
24988779_1234912321_196large.jpg


この芝草平、チングルマが名物らしいですが、すでに花後。
チングルマの後に開花するコウリンカがすでに咲き始めています。
つまりもう秋っちゅうわけですね。Orz

すてきな湿原♪
2011072212410000.jpg


タカネトウウチソウ、イチヤクソウ

途中、左手には雲海がとてもきれい♪
24988779_1234962492_23large.jpg


13:08 屏風岳到着
山頂には測量隊の人が居たので少し行った先にある窪みで休憩しました。
10分ほど昼食休憩をしたのち、前屏風岳へGO.
前屏風から不忘山への稜線がきれいに見えています。

14:00 前屏風岳到着、そのまま通過。
前屏風から先は、突然地質が変わり、
蔵王のお釜のあたりのような砂礫になって、
滑りやすくなりました。

トリアシショウマ

そしてだんだんその砂礫が赤みを帯びてきて、
次第に赤土へと変化していきます。
14:08 不忘山の手前の「落石注意」ピークまでやってきました。
そこから見る不忘山。
24988779_1234962479_242large.jpg


正直、時間がタイトなので、行くのをやめるか迷いましたが、
えいやっと、思いきって下りて行ってみると
なんと、そこには、あの看板に書いてあった通りの、
北蔵王とはまったく別の植生が広がっていたのです。


まずはあの看板にもあったハクサンフウロ
そして同じく書かれていたハクサンイチゲ、
他にも、
ムカゴトラノオ、クルマユリ、ミヤマカラマツ、
イブキトラノオ、ミヤマキンバイ、キバナノカワラマツバ
イブキジャコウソウ、ハクサンオミナエシ、イワオウギ

などが一面咲き乱れていて驚きました。
先ほどまでの山とはまったく違う植生です。


頂上の手前のピークには神社がありました。


そして14:31、不忘山頂上到着。
aP1070242.jpg


目の前には雲海が。
24988779_1235026369_222large.jpg


ゆっくりしたいところですが、急いでとって返します。

南屏風岳15時10分通過
屏風岳15時36分通過

屏風岳にはまだ測量の人がいました。
どこかの山頂を目標にして測量するんでしょうね。
雲がとれるのをギリギリまで待ってる風でした。

シャリバテ気味になったので、芝草平で15分休憩しました。
24988779_1235026351_222large.jpg


ワタスゲ、イワイチョウ

出発しようとしたら、先ほどの測量野人達がものすごい勢いで歩いてきて
あっという間に抜き去っていきました。
その速さたるや、歩いてはいますが、完全にトレランペース。
2人いたのですが1人の背の高いベテランさん(30代)の人の
超大股俊足の歩きっぷりには感服しました。
一緒にいた新人さんとおぼしき20代の男性も相当足が速いのに
彼が追いつけないぐらいの早さで、超かっこよかったです!w

杉が峰16時30分通過

ミヤマシャジン

前山16時44分通過

ミヤマハンショウヅル(花後)
24988779_1235026398_111large.jpg


そして、17時09分、無事に登山口に到着しました。ヽ(^o^)丿

ちょっと軽い気持ちで出かけたのに思わぬ長旅になってしまい
最後はちょっと焦り気味でしたが、天気がよくて、午後の夕立もなくよかったです。
今度はもっと朝早く来てのんびり歩きたいなぁ。

参考:休憩含めて05:40/CT6:20