2018/01/16

【山】蕨山~鳥首峠

夕方からの用事に合わせてスキマ時間ハイキング。
さわらびの湯にはハイカーが結構居たけど、
山ではまったく誰にも会わず、ラッキー。
一人で静かな山を楽しみました。
前半は地図読み、下山時は社会科見学モードで、
メリハリがあって面白かったです。
↓白岩集落に2006年にはあったセメント工場と、現在の廃墟。
warabiyama.jpg


スポンサーサイト
2016/03/05

笠取山

近場でユルフワ雪ハイク。
雪がなかったので、ちょっと道を外してヤブコギを楽しみました。
かさとり1

この山は地形が複雑なので全行程バリというわけには行かなかったけど、
2時間、背丈を超える笹ヤブと戦って満足しましたw

そのあとは、マッタリからの急登で一汗。
かさとり2
かさとり3

水干や、富士川/荒川/多摩川の分水嶺には、沢屋として大変感激。
この水域が大好きで本当によくお世話になっているだけに、
水干には大変感銘を受けました。



いつか丹波川本流から最初の1滴までをすべて繋げてみたい。

都水道局の説明パネルや登山道整備もなかなか行き届いているし、
水への愛情をとても感じる仕上がりになっているので、
お子さん連れで歩くのも良さそうな山です。
とても満足できました。(^^)

かさとり4
かさとり5

ちなみに、水干からは登り返すのが面倒だったのでそのまま沢下降w
靴さえ沢靴ならそのまま駐車場まで沢下降で降りたかったです。
超楽しかった。やっぱり沢はいいな♪(違

かさとり6
2015/01/24

陣馬山に2度登る(;・∀・)

1月24日(土)

陣馬山でボラメンオフ会ハイキングがありました。
お子様連れだったので陣馬山で緩く集まりましたが、
私とtちゃん、Pちゃんは、トレのため、下記メニューで。

藤野駅→陣馬山頂
→陣馬高原バス停に下山
→さらにまた、陣馬山頂
→相模湖駅に下山

1日2度山頂を踏み累積は1200m位w

さらに、私とtちゃんは西国分寺のランナウトで
追い込みで11本登ってドM満喫ww
とても充実した1日でした♪\(^o^)/
ご一緒した皆様有難うございました♪
20150124じんば

20150125らんなうと
2013/04/14

花の武甲周遊(武甲山~小持山~大持山)

西武線住民なので、西武線で行ける山は行きまくってきました。
だけど1つだけ、まだ登ったことのない山がありました。
それは武甲山。

標高1000m超えの立派な山なのだけど、石灰岩がとれるので、
セメント採掘の山として、山の半分が採掘されている。
表から見ると、その採掘面が痛々しい上、たくさんセメント工場があって
常にセメントを積んだ大型トレーラーが国道を行き来しているため、
その横を通ってまで登りたいと思わなかったのですね。
だけどいつか登るって思ってました。

そしてついに今回、チャンスが到来しました。
西武線沿線なので本当は電車で行きたいところだけど、
車道を1時間40分も歩く気力がなく、車で行きました。

登山口の神社から登り始めて、
なんてことない、普通の杉の山という感じで、
ちょうど2時間後に山頂に到着してました。
登ってるときの感じは日向大谷からの両神山に似てたかな。

山頂で記念撮影をしてちょっと休憩してオニギリをmgmgしてたら、
私が山頂標識に置き忘れた「おのくん」を届けてくれた人がいました。
さっきシャッターを押してくれた中学生男子。本当にありがとう!!

武甲山2

そこからシラジクボ経由小持山へ。
小持山から大持山へ。
なんだかんだ楽しいアップダウンの縦走路。
大持山で昼食休憩。

武甲山3

そして妻坂峠から駐車場まで一気に下ります。
この妻坂峠経由の下り、滑りやすく降りづらいのだけど、
お花がたくさんあってとっても楽しく超盛り上がりました。

武甲山4
左上から時計回りに
キブシ、コバイケイ草 シロドウダン カタクリ

武甲山5
ウスタビ蛾のサナギ、コガネネコノメ草、ニリン草、アブラチャン

武甲山6
ハシリドコロ、ツルシロカネ草、イワボタン、タチツボスミレ

武甲山7
黄ケマン草、紫ケマン草、ミツバコンロン草、ヒトリシズカ


7時44分出発、14時7分帰着。
累積標高差1170m、水平移動距離10km
なかなか楽しめる6時間のハイキングコースでした。

(日曜日はセメント工場がほぼお休みに近いので、
割合に静かな山を楽しめます。)

ご一緒していただいたtちゃん、ありがとう♪
2012/05/17

伊豆ヶ岳~旧正丸峠

観光で室堂に行ったら、すっかり山に魅せられて、
山を始めることにした友達と、伊豆ヶ岳に行ってきました。

彼女はそれまでの人生でまったく運動をしたことがないので、
ちょっと不安だったのですが、山を始めるに当たって、
色々と言いつけておいたところ、ちゃんとウォーキングや筋トレなど、
まじめに取り組んでくれていたようでした。

初めてのハイキングなので、伊豆ヶ岳ピストンで考えてたのに、
少しシャリバテはしたものの、食後はすっかり元気になったようなので、
正丸峠を越えて、旧正丸峠まで行ってから、正丸駅まで戻ることにしました。

aDSC_0182.jpg

伊豆ヶ岳山頂では、某有名私学の小学生の遠足とぶつかったのですが、
さすがお上品で、びっくりするぐらい、生徒もおとなしく、先生もお上品でした。

あいにく薄曇りだったので展望がいまいちでしたが、
咲き始めたツツジのほかに、いろんな花が道中楽しませてくれました。
aDSC_0183.jpg


それにしても、ここは広葉樹の山だけに、冬だと見晴らしが効くけど、
春から先はほんとに景色が見えないんですね。(^_^;)

aDSC_0175.jpg


そのかわり、輝くような明るい緑の新緑を存分に楽しませてもらいました。
aDSC_0177.jpg

はじめての登山(ハイキング)で、
距離10km超、累積標高差850m超を歩き切った友人に感動。
帰りの電車の中ですでに筋肉痛が始まってるようでしたが(笑)
途中心拍数を測っても私と変わらなかったし、これはイケそうです♪

aDSC_0194.jpg

また行きましょう。(*^^)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。